編集部からのお知らせ
量子コンピューティングへの注目
特集まとめ:高まるCISOの重要性

オリンパス、ERPシステム導入による国内IT基盤の再構築を完了

CNET Japan Staff

2007-06-19 12:16

 オリンパスは6月18日、国内主要グループ会社とともに2002年から行ってきたERPシステムの導入による国内IT基盤の整備と統合情報基盤の構築を完了させたことを発表した。

 オリンパスでは、2002年の会計システムのERP化をスタートに、2003年には業務プロセス改革とIT改革を推進するプロジェクトを発足。人事システム、修理サービスシステムを順次稼働し、2006年5月には医療・産業・ライフサイエンス事業の販売物流システムを稼働させた。さらに2007年5月に映像事業の販売物流システムを稼働させ、各システムの情報を統合する情報基盤の構築を完了した。

 このシステムでは、基幹システムにSAP製のERPパッケージを利用し、会計、人事、受注出荷、在庫購買、計画システムを実装。倉庫管理・輸出ドキュメント作成システムは個別パッケージを利用し、SAPと連携させている。医療・産業・ライフサイエンス事業向け修理サービスシステムには、別のCRMパッケージを利用し、すべてをEAI基盤で連携させている。

 主要対象会社は、オリンパス、オリンパスメディカルシステムズ、オリンパスイメージング、オリンパスロジテックス。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]