編集部からのお知らせ
RPA導入、もう1つのポイント
「ニューノーマルとIT」新着記事一覧

日本オラクル、内部統制の管理プロセスを自動化するアプリケーション提供

田中好伸(編集部)

2007-07-03 15:18

 日本オラクルは7月2日、内部統制管理での一連のプロセスを自動化・最適化するアプリケーション「Oracle Governance, Risk, and Compliance Manager」(GRCM)を7月3日から提供することを発表した。

 またGRCMのオプションとして、職務分掌管理ツール「Oracle Application Access Controls」(AAC)、業務処理統制モニタリングツール「Oracle Application Configuration Controls」(ACC)、企業内でのガバナンス、リスク、コンプライアンス(GRC)に関連した情報を分析するツール「Fusion Governance, Risk, and Compliance Intelligence」(Fusion GRC Intelligence)も7月3日から提供を開始する。

 GRCMは、ビジネスプロセスでのリスクとコントロールをリスクコントロールマトリックスで管理し、テストを実施し、不備・欠陥の把握から改善処理、有効性の評価と報告といった業務を支援する。

 オプション製品のAACとACCを導入することで、IT統制で重要度が高い、職務分掌と業務システムの設定変更管理が可能だ。Fusion GRC Intelligenceをあわせて活用することで、企業全体の内部統制状況を可視化、分析することができる。

 またGRCMを、オラクルのGRC製品群の一つである、グループ会社のデータ収集・連結、連結データの高度な分析を行うアプリケーション「Financial Consolidation Hub」と併用すれば、コンプライアンス要件への対応、監査の効率化を実現できる。

 日本オラクルではGRCMの専任組織を発足し、IBMビジネスコンサルティングサービス、新日鉄ソリューションズ、ソピア、NEC、日本ユニシス、日立コンサルティングなどと連携して積極的に展開していく。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    セキュアなテレワークでビジネスを継続する「緊急時対応チェックリスト」

  2. クラウドコンピューティング

    ゼロトラストネットワークアクセス(ZTNA)を今すぐ採用すべき理由

  3. ビジネスアプリケーション

    今からでも遅くない、在宅勤務への本格移行を可能にする環境整備のポイント

  4. クラウド基盤

    アプリ開発者とIT管理者、両者のニーズを両立させるプラットフォームとは?

  5. ビジネスアプリケーション

    テレワークに立ちはだかる「紙・ハンコ」の壁を経費精算のペーパーレス化からはじめて乗り越える

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]