編集部からのお知らせ
宇宙ビジネスの記事まとめダウンロード
記事まとめ「テレワーク常態化で見えたこと」

日本オラクル、内部統制の管理プロセスを自動化するアプリケーション提供

田中好伸(編集部)

2007-07-03 15:18

 日本オラクルは7月2日、内部統制管理での一連のプロセスを自動化・最適化するアプリケーション「Oracle Governance, Risk, and Compliance Manager」(GRCM)を7月3日から提供することを発表した。

 またGRCMのオプションとして、職務分掌管理ツール「Oracle Application Access Controls」(AAC)、業務処理統制モニタリングツール「Oracle Application Configuration Controls」(ACC)、企業内でのガバナンス、リスク、コンプライアンス(GRC)に関連した情報を分析するツール「Fusion Governance, Risk, and Compliance Intelligence」(Fusion GRC Intelligence)も7月3日から提供を開始する。

 GRCMは、ビジネスプロセスでのリスクとコントロールをリスクコントロールマトリックスで管理し、テストを実施し、不備・欠陥の把握から改善処理、有効性の評価と報告といった業務を支援する。

 オプション製品のAACとACCを導入することで、IT統制で重要度が高い、職務分掌と業務システムの設定変更管理が可能だ。Fusion GRC Intelligenceをあわせて活用することで、企業全体の内部統制状況を可視化、分析することができる。

 またGRCMを、オラクルのGRC製品群の一つである、グループ会社のデータ収集・連結、連結データの高度な分析を行うアプリケーション「Financial Consolidation Hub」と併用すれば、コンプライアンス要件への対応、監査の効率化を実現できる。

 日本オラクルではGRCMの専任組織を発足し、IBMビジネスコンサルティングサービス、新日鉄ソリューションズ、ソピア、NEC、日本ユニシス、日立コンサルティングなどと連携して積極的に展開していく。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    MITスローン編著、経営層向けガイド「AIと機械学習の重要性」日本語版

  2. クラウドコンピューティング

    AWS提供! 機械学習でビジネスの成功を掴むためのエグゼクティブ向けプレイブック

  3. クラウドコンピューティング

    DX実現の鍵は「深層学習を用いたアプリ開発の高度化」 最適な導入アプローチをIDCが提言

  4. セキュリティ

    ランサムウェアを阻止するための10のベストプラクティス、エンドポイント保護編

  5. セキュリティ

    テレワークで急増、リモートデスクトップ経由のサイバー脅威、実態と対策とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]