編集部からのお知らせ
RPA導入、もう1つのポイント
「ニューノーマルとIT」新着記事一覧

MS、オラクルマスター取得者に「ブートキャンプ」--SQL Server売上倍増に向け

藤本京子(編集部)

2007-09-04 20:13

 マイクロソフトは9月4日、データベース製品「Microsoft SQL Server」の製品戦略を発表した。同社 サーバープラットフォームビジネス本部 業務執行役員 本部長の五十嵐光喜氏によると、1999年の「SQL Server 7.0」のリリースの以降、同製品は日本国内で年平均成長率20%と出荷数を伸ばしており、「今後3年間でこの成長をさらに加速し、売上倍増を目指す」との意気込みを見せた。

 売上倍増に向けた戦略として、マイクロソフトでは特に、エンタープライズ市場とBI市場に向けた取り組みを強化する。

五十嵐氏 競合対策を数多く発表し、「SQL命!」と叫ぶマイクロソフトの五十嵐氏

 まず、エンタープライズ市場に向けた取り組みとして、Oracle製品の技術者認定制度「ORACLE MASTER」取得者を対象に、無料セミナーなどを行う。「Silver」および「Bronze」取得者には、1日間の「SQL Server 2005 早わかりセミナー」を行い、修了者には翔泳社の「MCP教科書 SQL Server 2005 70-431」を無料進呈する。「Platinum」と「Gold」取得者には、3日間の「SQL Server 2005 ブートキャンプ」を行い、MCP試験を無償で受験できるバウチャーチケットを提供する。五十嵐氏は、「単一のデータベースを知っているよりも、複数の製品を知っている方がエンドカスタマーのためにもなる」と述べている。

 また、Oracle、IBM、Sybaseなどの競合データベースや、Hyperion、Business Objects、Cognosなどの競合BIプラットフォームからの移行を促進するため、2008年6月30日まで最大50%の割引キャンペーンを実施する。Oracle Databaseからの移行に関しては、移行ツールの最新バージョンとなる「SQL Server Migration Assistant for Oracle V3.1」を9月4日より無償ダウンロード提供する。

 さらには、技術者育成のための施策として、パートナーなどに向けたさまざまなトレーニングを実施するほか、マイクロソフトのコンサルティング力を強化し、SQL Serverをはじめとするアプリケーションプラットフォーム製品関連のコンサルタントを2008年7月までに現在の60名から120名へと倍増させる。

 BI市場に向けた取り組みとしては、SQL Server 2005が提供するデータマイニング機能を「Excel 2007」や「Visio 2007」から連携可能にするツール「Data Mining Add-ins for Office system」の機能を、無償で評価できる体験サービスサイトを同日より公開する。

 また、専門の外部BIコンサルタントを講師に招き、BIに関する情報習得を図る企業ユーザー向けのラウンドテーブル「BI Roundtable」を年60回以上実施するほか、パートナー企業のBI構築提案を支援するBI商談支援専門の窓口「BI商談支援センター」を設置する。BI商談支援センターでは、デモ部材の提供やオンサイト営業支援などを無償で支援し、年間100商談の成立を目指す。

 IDC Japanが同日発表した2006年の国内データベース管理ソフトウェア(RDBMS)市場のシェアでは、オラクルが46.4%と圧倒的なシェアを握っている。ただ、SQL ServerはWindows上でしか動作せず、OracleのようにUNIX系OSをサポートしているわけではない。五十嵐氏は、「WindowsプラットフォームでのSQL Serverのシェアを上げることはもちろんだが、Windowsそのもののシェアを上げることで、シェアを1.5倍にまで拡大できる」と述べた。

 IDC Japanによると、同市場における2006年のマイクロソフトのシェアは15.5%。ただし、WindowsベースのRDBMS市場では、マイクロソフトが初めて首位となった。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 運用管理

    安全なテレワークや在宅勤務を担保する、DCセキュリティの新パラダイム

  2. コミュニケーション

    PC不要!自宅でも会議室でも即ミーティングが可能!脅威のシンプルさの秘密とは?

  3. クラウドコンピューティング

    【事例動画】顧客との“つながり”を創出し「モノ」から「コト」へと実現したIoT活用法とは

  4. セキュリティ

    セキュリティ侵害への対応は万全ですか?被害を最小限にとどめるための10のヒントを知る

  5. セキュリティ

    SANS「2020 CTI調査」が明かす、サイバー脅威インテリジェンスの最新動向

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]