いよいよ本題に--リレーショナル・データベースっていったい何?

鈴木浩司(日本オラクル) 2007年09月25日 17時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 前回は、データを格納する構造の違いから、データベースの種類についてお話しました。いくつかあるデータベースの中でも、これからデータベースを使う読者の皆さんが実際に利用するのは基本的に、主流である「リレーショナル・データベース」になると思いますので、今回からは「リレーショナル・データベース」についてもっと詳しくお話ししていきたいと思います。でもその前に、これからリレーショナル・データベースについてもっと理解して頂けるように、連載第一回目にちょっとだけ触れたデータベース管理システム(DBMS)の役割と機能についておさらいしておきましょう。

DBMSの基本的な機能

 連載第一回目では表計算ソフトを例に、ファイルとDBMSでのデータの取り扱いにおいてDBMSを使うメリットについてお話しました。ファイルでは利用するプログラムが制限されてしまうことがあること。また、データを利用するためには、どのファイルのどこに格納してあるかを予め理解しておく必要があること。そして、複数ユーザーが同じファイルにアクセス(更新など)した場合のデータの矛盾が発生してしまう可能性が発生してしまうことがあるいうことをお話しました。

 それらを解決するためにDBMSが利用されていると考えると、DBMSの機能というものが見えてくると思います。つまり、DBMSの機能とは次のような内容になります。

  • データの独立性:データの構造が変わってもプログラムからは独立しているので、プログラムの修正が必要ない。また、どのプログラムからも利用できること。
  • データの一貫性:複数のユーザーが同時にデータを操作できること。また、同時に変更や削除した場合でも、データに矛盾が発生することなく利用できること。
  • データの整合性:データの重複が発生しないこと。

 また、これまでお話はしてきませんでしたが、次の2つの機能もDBMSの重要な機能になります。

  • データの機密性:データベースへアクセスするユーザーを制御できること。
  • データの障害対策:データベースに何らかの障害がおこった場合でも、回復するための手段をもつこと。

 どの機能を見ても、ファイルでのデータ管理では実現は難しい内容であることはご理解頂けるでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
開発

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
研究現場から見たAI
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
内製化とユーザー体験の関係
米ZDNet編集長Larryの独り言
今週の明言
「プロジェクトマネジメント」の解き方
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
Fintechの正体
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
情報通信技術の新しい使い方
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
通信のゆくえを追う
セキュリティ
セキュリティの論点
ネットワークセキュリティ
スペシャル
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
CSIRT座談会--バンダイナムコや大成建設、DeNAに聞く
創造的破壊を--次世代SIer座談会
企業決算を追う
「SD-WAN」の現在
展望2017
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
PTC LiveWorx
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
さとうなおきの「週刊Azureなう」
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
中国ビジネス四方山話
より賢く活用するためのOSS最新動向
「Windows 10」法人導入の手引き
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
実践ビッグデータ
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化