「真のパフォーマンスマネジメント実践に寄与する」--マイクロソフトの米野氏

高田真吾(ライトセブン)

2008-02-12 20:19

 ZDNet Japanは2月7日、六本木アカデミーヒルズ(東京都港区)において「ZDNet Japanソリューションフォーラム2008--迅速な意思決定でビジネスチャンスを逃がさないリアルタイムBI」を開催した。同カンファレンスの主テーマである「リアルタイムBI」について、マイクロソフト インフォメーションワーカービジネス本部 エグゼクティブプロダクトマネージャの米野宏明氏が講演した。

 米野氏は、「膨大な情報が瞬時に流通する情報経済社会において、市場競争力に必要な条件は変遷している。情報を手軽に入手できる本格的なインターネット社会の到来で情報格差が小さくなりつつある今、情報をうまく価値に結びつけるスピードが重視されている」と言う。

 同氏はさらに、「時代の流れと共に、全国に店舗網を拡大する資本集約や設備投資の基本戦略が、顧客に低コストで迅速に取引してもらうためのビジネスモデルや情報をビジネス価値に結びつける人材を重視する戦略に取って代わっている」と話す。

 マイクロソフトでは、人のパフォーマンスを向上させる要素を「地理や時間などの境界を越えた共同作業」「真実の迅速な発掘による的確な意思決定」「安全かつ透明な情報の共有と伝達」と定義している。この定義に基づき、社員力を経営力に結びつけようとするコンセプト「People-Readyビジネス」を推進している。

 「組織で働く人は、大きく経営者、ミドルマネジメント、現場に分けられるが、それぞれにおける意思決定のスタイルはさまざま。経営者は、年間/四半期ごとの経営計画や投資効率を最適化することが課題で、組織横断の重大な意思決定が必要。そこには高い品質が求められる。一方、現場の従業員は、課題に対する意思決定のスピードが求められる。しかし、経営者の意思決定において、トップダウンでの情報伝達が欠落している場合が多いのが現実だ」(米野氏)

マイクロソフトの米野氏 「Office PerformancePoint Server 2007は、常に最新のデータを活用したリアルタイムBIを実践できる」とマイクロソフトの米野氏。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]