編集部からのお知らせ
オススメ記事選集PDF:「ジョブ型」へのシフト
「ニューノーマル」に関する新着記事一覧

オバマ候補がウェブサイトをハッカーから守る助っ人を募集

文:Ryan Naraine(Special to ZDNet.com) 翻訳校正:石橋啓一郎

2008-06-02 08:19

 2008年4月のBarackObama.comからHillary Clinton氏のウェブサイトへのリダイレクトをハッカーに許した恥ずかしい事件を受けて、Obama候補の選挙陣営はネットワーク関係の運用を担当するネットワークセキュリティ専門家を募集している。

 この採用告知によれば、同陣営はマサチューセッツ州ボストンに拠点を置く開発チームに、11月までの選挙期間中、オンラインセキュリティのすべての側面を処理する有給のポストを用意している。

(参考:オバマ候補のサイトがハックされ、クリントン候補のサイトへリダイレクト

 この役職は次の責任を負う。

  1. My.BarackObamaのウェブサイトのネットワークアーキテクチャの分析。
  2. 既存のセキュリティシステムとアーキテクチャの総点検の指揮。これにはポリシ、ファイアウォール、VPN、ネットワーク機器が含まれる。
  3. ハックの試み、DDoS攻撃、その他の潜在的な脅威に対応する戦略の開発。
  4. My.BarackObamaのオンライン選挙活動のセキュリティ体制の確立と管理。

 オバマ陣営はLAMP(Linux、Apache、MySQL、Perl/Python/PHP)スタックに対する深い理解と、ファイアウォールおよびVPN製品に関する経験、インターネットセキュリティ業界の状況に対する理解を備えている人材を募集している。

 2008年5月、ハッカーはBarackObama.comのサイトからHillaryClinton.comへのリダイレクトを行い、BarackObama.comの複数のクロスサイトスクリプティングおよびスクリプトインジェクションのセキュリティホールを露見させた。この脆弱性のいくつかの例は、xssed.comに投稿されている。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]