編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit」参加登録受付中! 
新着記事集:「負荷分散」

Windows Live Wave 3の広範なベータテスト、まもなく開始へ

文:Mary Jo Foley(Special to ZDNet.com) 翻訳校正:菊地千枝子

2008-08-14 03:31

 リーク情報が勢いを増している「Windows Live Wave 3」――MicrosoftのWindows Liveソフトウェアとサービスの次期バージョン――がついに今後数週間内により広範なベータテストに入ることになりそうだ。

 MicrosoftはWave 3の一環として、Windows Liveのすべての中核的サービスに加え、共通のインストーラを一新する見込みである。「Windows Live Messenger」「Windows Live Hotmail」「Windows Live Mail」「Windows Live Photo Gallery」その他が登場を控えている。MicrosoftはWave 3リリースの一環として「Windows Live Spaces」を大幅に刷新する予定であることも示唆している。これは同社のブログおよびソーシャルネットワーキングのプラットフォームである。さらにWindows Liveサービスの全ての中心的サービスは、次期Waveの一環として、よりプロファイル中心型になることが予想されている。

 しかしWave 3が注目に値するもうひとつの理由は、Windows 7との連携である。MicrosoftのLiveチームのメンバーが1年前にWave 3の企画メモで以下のように概説している

 「Windows Liveはあらゆるデバイスで利用できるサービスであるが、ほとんどの顧客がそのサービスをWindows PC上からInternet Explorerを使って接続していると認識している。われわれはこのサービスをWindowsとInternet Explorerを使って利用することを選んだ顧客のためにシームレスな体験を提供するユニークな機会を有している。

 「Windows Vista上でのシームレスな体験を目標としながら、Windows 7プラットフォームと体験にも賭け、Windows 7と接続したときに最高の体験を作り出すつもりである。われわれはWindows 7チームと協力し、Windows 7プラットフォームにおける初めてで最高の開発者となるであろう。

 「われわれの体験はWindows 7に接続されたときに、シームレスにWindows体験が拡張されるように設計され、アプリケーションについてはWindows 7スタイルのガイドラインに沿うように作業する予定である。同ブラウザがわれわれのツールバーや、Search、MSNといった他サービスにシームレスに拡張できるような体験を必ず提供できるようにInternet Explorer 8チームと協力する予定だ。」

 今となっては「Internet Explorer(IE)8 Beta 2」がいつ登場してもおかしくないが、このIEの次期バージョンにWindows Live Wave 3に関連した機能が含まれるとすれば、どのようなものであるかを見るのは興味深い。企画メモからは以下のとおりである:

 「多くの顧客がInternet Explorerを使ってわれわれのサービスに接続するであろう。わがチームはInternet Explorerを使っている顧客のブラウジング体験を、ブラウジング体験を強化するわれわれのツールバーと追加的サービスにより拡張するユニークな機会を有している。わがチームが可能とするInternet Explorerを使っている顧客に特有のシナリオや機能とは何か?ウェブベース体験は、ツールバーがインストールされることにより、どのように変わるのか?われわれのサービスがブラウザ体験をどのように改善するのか?」

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    Google Cloudセキュリティ基盤ガイド、設計から運用までのポイントを網羅

  2. セキュリティ

    仮想化・自動化を活用して次世代データセンターを構築したJR東日本情報システム

  3. ビジネスアプリケーション

    スモールスタート思考で業務を改善! 「社内DX」推進のためのキホンを知る

  4. セキュリティ

    Emotetへの感染を導く攻撃メールが多数報告!侵入を前提に対応するEDRの導入が有力な解決策に

  5. セキュリティ

    偽装ウイルスを見抜けず水際対策の重要性を痛感!竹中工務店が実施した2万台のPCを守る方法とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]