パンチャーの素早く正確な入力を支援:「InputMan for Java EE 1.0J」

冨田秀継(編集部) 2008年08月19日 00時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 グレープシティは8月19日、Java EEシステム向けの入力インタフェース構築用コンポーネント「InputMan for Java EE 1.0J」を発表した。1993年から提供していたWindows開発向けの「InputMan」のJava版ともいえる製品で、まずはパンチャーを多数抱える大企業向けに提供していきたい考えだ。

 InputMan for Java EE 1.0Jは、データを素早く正確に入力してもらうためのインタフェースを、システム側である程度準備するための製品といえる。

 半角カタカナのみ入力を受け付けるテキストボックスに全角のカタカナが入力されるなど、規定外のデータ入力はシステムの不安定要因となる。また、画面数が多くなればなるほど工数負担は増していく。

 InputManは、「テキスト」「マスク(郵便番号などの定型書式)」「日付」「数値」「リスト」「カレンダー」「電卓」の、7つのコンポーネントで入力を支援する各種機能を提供する。

 具体的には入力文字種を指定することで、規定外のデータを確定させずにクリアしたり、自動で変換するなどの動作を行うことができる。テキストボックスに半角カタカナを指定している場合は、ひらがなで入力されると確定せずに消去、全角カタカナでの入力は半角カタカナに自動で変換するなどと動作する。

 開発にあったっては、付属する専用のデザイナを利用する。デザイナでコントロールのスタイルや書式を設定し、JSPタグとして出力された設定情報をコピー、JSPのソースにタグを貼り付け、テストするのが一連の流れとなる。そのため、コードを書くことなく開発することが可能だ。

付属の専用デザイナで開発する 付属の専用デザイナで開発する

 データ入力業務を実際に担うパンチャーにとっては、指定されたテキストボックスにフォーカスするとIMEが自動でオンになるなど、手戻りの発生を防ぐ支援機能が提供される。こうした機能によって、パンチャーの作業効率を向上させることが可能だという。

文字種の指定やIMEモードの状態を設定することができる 文字種の指定やIMEモードの状態を設定することができる

 同社によれば、IME制御はWindowsアプリケーションでよく提供されてはいるが、ウェブアプリケーションではほとんど見られないという。

 同社エンタープライズツール事業部の大島章太郎氏は、ウェブアプリケーションでもWindowsアプリケーションと同等のことを行えると指摘。「Windowsアプリケーションでできていたことがウェブアプリケーションでできずに、あきらめていたユーザーへこの製品を勧めたい」と話している。

 価格は5台の端末で利用可能な開発ライセンスが47万2500円。運用サーバライセンスが73万5000円。9月24日から販売する。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
開発

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
研究現場から見たAI
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
内製化とユーザー体験の関係
米ZDNet編集長Larryの独り言
今週の明言
「プロジェクトマネジメント」の解き方
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
Fintechの正体
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
情報通信技術の新しい使い方
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
通信のゆくえを追う
セキュリティ
セキュリティの論点
ネットワークセキュリティ
スペシャル
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
CSIRT座談会--バンダイナムコや大成建設、DeNAに聞く
創造的破壊を--次世代SIer座談会
企業決算を追う
「SD-WAN」の現在
展望2017
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
PTC LiveWorx
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
さとうなおきの「週刊Azureなう」
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
中国ビジネス四方山話
より賢く活用するためのOSS最新動向
「Windows 10」法人導入の手引き
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
実践ビッグデータ
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化