PFU、不正PC検知・遮断装置「iNetSec Patrol Cube」--IT資産管理にも有効

田中好伸(編集部) 2008年11月20日 11時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 PFUはこのほど、企業内での不正PCの社内ネットワーク接続を検知・遮断する小型アプライアンス「iNetSec Patrol Cube」の販売を開始した。税別価格は18万円、11月28日から出荷を開始する予定だ。

 iNetSec Patrol Cubeは、未登録や未承認の不正PCによるウイルス/ワーム拡散、不正アクセスによる機密情報漏洩など、ネットワークにおけるエンドポイントに起因するセキュリティインシデントから社内ネットワークを守ることができる。同製品を守りたいネットワークセグメントごとに接続するだけで、既存ネットワークの変更や複雑な設定作業は不要となっている。

 この小型アプライアンスは、不正PC検知・遮断関連製品としては国内初とみられる、装置種別の自動識別機能と遮断PCからの利用申請機能を搭載することで、運用性を損なわずに効果的なセキュリティ対策ができるとしている。

 iNetSec Patrol Cubeは、設置されたネットワークセグメントにある端末のMACアドレスを収集。その際、プリンタは自動的に承認されるが、PCはエンドユーザーがネットワークへの利用申請を出すことになる。

 従来の検疫ネットワーク製品では、ネットワーク上に存在する、PCやプリンタを含めたすべての装置を検知するだけで、装置種別を自動的に把握することができず、目視で確認する必要があった。iNetSec Patrol Cubeの場合、装置種別の自動識別機能によって、PC(Windows)とプリンタを識別することができる。これによって、自動的に精度の高いホワイトリストを作成・運用することができるとしている。

 また、従来の検疫ネットワーク製品の場合、関係会社や協力会社などのエンドユーザーが一時的にネットワークを利用する際、遮断されたPCのエンドユーザーは、そのネットワークの運用管理者に電話で利用申請するなどの手間が必要となっていた。

 しかし、今回の小型アプライアンスでは、遮断PCからの利用申請機能で遮断されたPCのエンドユーザーが自ら利用申請することができる。これにより、エンドユーザーとネットワークの運用管理者の双方の手間を省くことができるようになっている。

 iNetSec Patrol Cubeは、製品本来の目的である不正PC検知・遮断に加えて、IT資産管理での総所有コスト(TCO)削減、PC資産管理ツールの運用徹底といったメリットをもたらすことができると説明している。

 iNetSec Patrol Cubeが、ネットワークに接続されるPCやプリンタといったIT資産を自動的に把握することになる。これまで、どこに、どんなIT資産が存在するのかは目視確認による棚卸し作業をしなければならなかったが、この手間を省くことができる。また、ネットワークに接続されてはいるものの、長期間にわたって使用されていないIT資産を把握することで、遊休資産の有効活用を通じて、TCOの削減に効果を発揮する。

 すでにPC資産管理ツールを運用しているユーザー企業がiNetSec Patrol Cubeを導入すれば、PC資産管理ツールが未導入のPCを検知・遮断できる。ネットワークへの接続を禁止されたエンドユーザーは、PC資産管理ツールを導入せざるを得なくなることから、PC資産管理ツールの導入促進策として活用することができる。

 ソフトウェア「iNetSec Patrol Cube V1.0マネージャー」(税別価格は28万円)をPCに導入することで、複数のiNetSec Patrol Cubeを一元的に管理することができる。iNetSec Patrol Cube V1.0マネージャーとiNetSec Patrol Cubeの通信ができない場合には、iNetSec Patrol Cubeは独立して検知・遮断を継続することから、24時間稼働のサーバを用意する必要がない。

 iNetSec Patrol Cubeは、PFUが展開するセキュリティ製品ブランド「iNetSec」の一製品であり、PC検疫ソフト「iNetSec Inspection Center」との連携が予定されている。iNetSec Inspection Centerは、PCセキュリティポリシー徹底、不正PC接続防止、ネットワーク利用者認証などのセキュリティ対策を総合的に管理する。

 PFUでは、iNetSec Patrol Cubeの販売目標を今後3年間で1万台としている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連キーワード
セキュリティ

関連ホワイトペーパー

連載

CIO
シェアリングエコノミーの衝撃
デジタル“失敗学”
コンサルティング現場のカラクリ
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「展望2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
エンドポイントセキュリティの4つの「基礎」
企業セキュリティの歩き方
サイバーセキュリティ未来考
ネットワークセキュリティの要諦
セキュリティの論点
スペシャル
エンタープライズAIの隆盛
インシュアテックで変わる保険業界
顧客は勝手に育たない--MAツール導入の心得
「ひとり情シス」の本当のところ
ざっくり解決!SNS担当者お悩み相談室
生産性向上に効くビジネスITツール最前線
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell Technologies World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
吉田行男「より賢く活用するためのOSS最新動向」
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
日本株展望
企業決算
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]