編集部からのお知らせ
宇宙ビジネスの記事まとめダウンロード
記事まとめ「テレワーク常態化で見えたこと」

サーバとストレージの間に“ネットワーク”が生まれた理由(前編)

辻 哲也(ブロケード コミュニケーションズ システムズ)

2009-01-29 08:00

 この連載では、SAN(Storage Area Network)やNAS(Network Attached Storage)などのいわゆる「ストレージネットワーク」を中心に、データセンターを構成するサーバやストレージ、さらにはネットワークの最新の市場動向や関連技術を解説する。第1回では、ストレージネットワークが誕生した背景やSANを利用することによるメリットとデメリットについて紹介する。

DASからSAN/NASへ〜ストレージネットワークの誕生と発展〜

 そもそもコンピュータにとって、ディスクやテープなどの外部記憶装置(ストレージ)は“周辺機器”である。そしてコンピュータと周辺機器との間のインターフェースとして長年使用されてきた技術が、「SCSI(Small Computer Systems Interface)」である。DAS(Direct Attached Storage)とSANの違い、そしてSANが登場した背景を理解する上で、SCSI技術の変遷について知っておくことは非常に重要なので、ここで簡単に紹介しておこう。

 SCSIの歴史は古く、最初のSCSI(便宜上、現在は一般に「SCSI-1」と呼ばれる)は1986年、米国規格協会(American National Standards Institute:ANSI)で規格化された。SCSIは米Shugart Technology(現在のSeagate Technology)が開発した「SASI(Shugart Associate System Interface)」をベースとしており、その歴史はさらに1970年代までさかのぼることができる。

 その後、1994年にはSCSI-1をさらに高速化、汎用化した「SCSI-2」規格も登場し、コンピュータとストレージの間の接続技術としてSCSIは中心的な役割を果たすようになる。しかし1990年代以降、SCSIには以下の問題点が顕在化し始めた。

  • 接続距離の限界
    パラレル伝送方式で銅線を使用するSCSI-1/2では、ケーブル内の導線間の干渉の影響が大きい
  • 高速化が困難
    上記の通りSCSI-1/2はパラレル伝送方式であるため、高速化すればするほど「スキュー」の問題が顕在化する
  • 拡張性が低い
    1つのSCSIバスには、最大16デバイスまでしか接続できない
  • ストレージの共有が困難
    SCSI-1/2は基本的に、SCSIバスを通じて「1台のコンピュータに1つ、もしくは複数のストレージを接続する」形態を想定している。サーバがストレージに直接接続されるため、このような接続形態をDASと呼ぶ。逆に1台のストレージを複数のコンピュータ間で共有するのには向いておらず、ストレージの利用効率が悪い

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

関連記事

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    MITスローン編著、経営層向けガイド「AIと機械学習の重要性」日本語版

  2. クラウドコンピューティング

    AWS提供! 機械学習でビジネスの成功を掴むためのエグゼクティブ向けプレイブック

  3. クラウドコンピューティング

    DX実現の鍵は「深層学習を用いたアプリ開発の高度化」 最適な導入アプローチをIDCが提言

  4. セキュリティ

    ランサムウェアを阻止するための10のベストプラクティス、エンドポイント保護編

  5. セキュリティ

    テレワークで急増、リモートデスクトップ経由のサイバー脅威、実態と対策とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]