サーバとストレージの間に“ネットワーク”が生まれた理由(前編) - (page 2)

辻 哲也(ブロケード コミュニケーションズ システムズ)

2009-01-29 08:00

 上記の問題に対処するため、次に規格化された「SCSI-3」では、ある変更が加えられた。SCSI-1/2では、コンピュータと周辺機器間でやり取りする情報である「コマンド(SCSIコマンド)」と、その伝送路である「トランスポート」が一括で規格化されていた。これに対してSCSI-3では両者を分離し、コマンドに関する規格とトランスポートに関する規格が、個別に提供されるようになった(詳細はhttp://www.t10.org/scsi-3.htmを参照)。

 これに伴って、SCSI-3ではシリアル伝送方式がサポートされ(パラレル伝送方式も引き続きサポートされている)、かつ多様なトランスポート技術に柔軟に対応できるようになった。さらに、トランスポートプロトコルが変わってもSCSIコマンドはそのままで使用し続けることができる。SCSI-3でのトランスポートプロトコルとして代表的なものは、「ファイバチャネル(Fibre Channel:FC)」や「SAS(Serial Attached SCSI)」、「iSCSI(Internet SCSI)」などである(図1)。

図1 図1:SCSI技術の変遷

 もう一つ見逃せない点が、コンピュータとストレージの間に“ネットワーク”が登場したということであり、このネットワークこそがSANである(図2)。SCSI-3とそのトランスポートプロトコルとしてのFCなどの登場により、SCSI-1/2規格では困難だった“ストレージデバイスの共有”が可能となった。高価なディスクやテープライブラリを複数のコンピュータ間で共有できるようになり、ストレージの利用効率が格段に高まっていった。

 これまで紹介してきた内容のまとめとして、SANについては下記の3点を理解しておいていただきたい。

  1. SANはコンピュータとストレージの間に存在する“ネットワーク”である
  2. SANにはさまざまなトランスポートプロトコルが存在するが、その上位ではSCSIコマンドがやりとりされる
  3. SANは“デバイスの共有”を目的としている
図2 図2:SAN(Storage Area Network)

(後編は2月3日に掲載予定です)

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

関連記事

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    【マンガ解説】まだ間に合う、失敗しない「電子帳簿保存法」「インボイス制度」への対応方法

  2. セキュリティ

    企業のDX推進を支えるセキュリティ・ゼロトラスト移行への現実解「ゼロトラスト・エッジ」戦略とは

  3. 経営

    2023年データとテクノロジーはどう変わるか 分析プラットフォームベンダーが明かす予測と企業戦略

  4. セキュリティ

    リモートワークで浮き彫りとなった「従来型VPN」、課題解決とゼロトラスト移行を実現する最適解

  5. セキュリティ

    第2世代EDRはココが違う 「自動化」でエンドポイントセキュリティの運用負荷・コストを削減

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]