編集部からのお知らせ
新着記事まとめPDF「IBM分社のキンドリル」
ZDNet Summit 2021開催のご案内

ソフトベンダーという殻を破り始めたオラクル、注目は「今後」のM&A戦略 - (page 2)

大河原克行

2009-04-21 13:02

 Sunと提携関係にある富士通の代表取締役社長、野副州旦氏は先頃行われた会見で「顧客起点ということを考えれば、UNIXの資産をきちっと守り抜くのが当社の役割」と述べ、買収の行方に関わらず継続的にサポートする姿勢を見せている。

 富士通にとっては当初、買収先の有力候補にあがっていたIBMに買収されるよりは、遙かに手を組みやすい買収先だといえる。

 一方でOracleにとっての最大の成果は、Sunが持つソフトウェア資産を得たことだとの見方も出ている。

 Solaris、Javaといったソフトウェア資産を持つSunを取り込むことで、Oracleが持つデータベース、ミドルウェア、アプリケーションまでのあらゆる階層のソフトを手にすることができる。

 ここ数年、積極的なM&Aを続けてきたOracleが、ハードウェアを含めた総合ITベンダーへの脱皮を当初の計画に盛り込んでいたのかどうかはわからない。しかし、いずれにしろ同社のM&A戦略が新たな一歩を踏み出したのは確かだ。

 むしろ、ソフトウェアという「たが」が外れたOracleの、これからのM&Aへの取り組みにこそ注目すべきかもしれない。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]