編集部からのお知らせ
動画セミナー「Security Trend Winter」公開中!
最新記事まとめ「医療IT」

環境や社会的責任への配慮は企業価値を高める--SAPのサステナビリティ戦略 - (page 2)

大川淳 冨田秀継(編集部)

2009-09-09 23:40

社内では具体的にはどう取り組んでいるか

 我々のソフトウェアを用いたもので最も革新的といえるのは、「SAP 2008 Sustainability Report」で提供しているレポート機能だろう。ダッシュボードで二酸化炭素排出量を迅速に表示することが可能だ

 SAP 2008 Sustainability Reportの「Our Performance」の項目では、グラフィカルなレポートを提供している。「Environment」「People」「Economic Impact」「Governance」の4項目についてレポートを提供しており、Environmentでは地域ごとや従業員あたりのCO2の産出量を表示させることも可能だ。

SAP 2008 Sustainability Reportでは、環境に関わるSAPの情報をグラフィカルなUIで閲覧できる(画像をクリックすると拡大します) SAP 2008 Sustainability Reportでは、環境に関わるSAPの情報をグラフィカルなUIで閲覧できる(画像をクリックすると拡大します)

 このレポートは情報の透明性が高く、企業の説明責任を表現することが可能になる。また、現在だけでなく過去の取り組みにまでさかのぼることも可能なため、透明性はいっそう高くなる。

 SAPは2020年までに二酸化炭素排出量を2000年の水準にまで下げることを目標にしており、昨年1年間では1人当たり9~10トン削減できた。

 身近な取り組みでは、出張を回避して飛行機に乗る回数を減らしている。また、SAPでは20台のビデオ会議システムを設置して、出張そのものも削減している。バーチャルカンファレンスセンターも設置しており、これらを合わせた効果は2万2000人分の移動を置き換える計算になる。

サステナビリティを企業の経営層に訴求

SAPのユーザー企業にはサステナビリティのソリューションをどう提案していくのか

 サステナビリティの重要性について取締役レベルの人々に理解を深めてもらいたいため、特に企業の経営層に訴求していきたい。包括的なソリューションがあるということを十分に伝えていきたいと考えている。

 サステナビリティ(という考え)を導入すれば、企業全体のリスクを的確に管理することにもつながる。また、サステナビリティを活用していることが評価されれば、株価にも追い風になるなど財務面でも良い影響が出る。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]