編集部からのお知らせ
PickUp! オンラインストレージの進化と課題
HCIの記事をまとめた資料ダウンロード

富士通のSAPシステム運用ソリューションがSAPの認定テストに合格--国内ベンダー初

ZDNet Japan Staff

2009-12-04 21:08

 富士通は12月4日、SAPシステム向けに開発したソリューションが「SAP Adaptive Computing Compliance Test」に合格したと発表した。

 SAP Adaptive Computing Compliance Testは、SAPが、ベンダーごとのテクノロジについて、SAPシステムの運用支援ソフトウェアである「SAP Adaptive Computing Controller」と組み合わせたインスタンスの操作(起動、停止、リロケート)ができるか、OSの一元管理の仕組みを有しているか、パフォーマンスに問題がないかといった点でテストを行って認定するもの。現在、全世界で9社がテストに合格しており、富士通は国内で初の合格ベンダーになるという。

 今回、認定を受けたソリューションは、SAP Adaptive Computing Controllerと、富士通のサーバ可視化、自動化ソフトウェア「ServerView Resource Coordinator VE」を連携する新開発のソフトウェアモジュールによって、SAPシステム内に混在するサーバを一元管理し、SAPシステム上で活用するアプリケーションをCPU稼働率の低いサーバに割り振って利用できるようにするもの。

 これにより、富士通のPCサーバ「PRIMERGY」、SANストレージ「ETERNUS」との組み合わせによる、SAPシステムにおけるWindowsサーバとアプリケーションの効率的な活用が行えるとしている。

 同ソリューションの販売は、2010年4月上旬に開始される予定。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]