マイクロソフト、「Windows Server」と「Windows Azure」事業部を統合

文:Mary Jo Foley(Special to ZDNet.com) 翻訳校正:末岡洋子 2009年12月10日 14時40分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 驚きではないが、MicrosoftはWindows Azure事業部をサーバ&ツール事業部(STB)に移行させたことを米国時間12月8日付けで発表した。

 この動きは、プライベートクラウドからパブリッククラウドまで、さまざまなソリューションを顧客に提供する計画を強化するため、Microsoftが本腰を入れ始めたことを示すものだ。プライベートクラウドはまだ正式に発表されていないが、11月の「Professional Developers Conference(PDC)」で同社の代表者が明らかにした情報に基づくと、公開に向けゆっくりと準備が進んでいるようだ。

 Azureチームはこれまで、Microsoftのチーフソフトウェアアーキテクト、Ray Ozzie氏に直接報告していた。

 STBに移行後、AzureのトップAmitabh Srivastava氏は、STBを継続して率いるプレジデントBob Muglia氏に報告することになる。Srivastava氏はWindows ServerとWindows Azure(コード名「RedDog」)を合体させた新事業部「サーバ&クラウド部門」のトップとなる。Windows Serverのコーポレートバイスプレジデント、Bill Laing氏はSrivastava氏の下となり、新たに結成された組織で作業する。Microsoftによると「SQL Azure」(Microsoftのクラウド製品でもう1つの重要なコンポーネントだ)チームはすでにSTB下に入っているという。

 マーケティング側では、Windows Azure事業とマーケティングは引き続き、Doug Hauger氏の下で進められる。Hauger氏は、コーポレートバイスプレジデントのRobert Wahbe氏が率いるSTBマーケティンググループに入り、コーポレートバイスプレジデントのBob Kelly氏に報告する。Kelly氏はWindows ServerとWindows Azureに加え、「System Center」「Forefront」も担当する。

 Microsoftの社員は米国時間12月8日付のMicrosoft Windows Azureブログで、以下のように説明している。

オンプレミスのデータセンターからクラウドまで、顧客にソリューションを提供することにフォーカスした単一の組織を作る。これにより、われわれのリソースを戦略に効率よく割り当てることができる。

 アップデート:Microsoftにいくつかの質問をしたところ、代表者が回答して背景を説明してくれた。

 組織改変後、STBは以下の8つのグループで構成される。

  1. ビジネスオンラインサービス部門(トップはDavid Thompson氏)(注意:開発のみ)
  2. ビジネスプラットフォーム部門(トップはTed Kummert氏)
  3. 開発者部門(トップはS. Somagasar氏)
  4. アイデンティティ&セキュリティ部門(トップはLee Nackman氏)
  5. 管理&サービス部門(トップはBrad Anderson氏)
  6. 開発者&プラットフォームエバンジェリズム(DPE、トップはWalid Abu-Hadba氏)
  7. サーバ&ツールマーケティンググループ(STMG、トップはRobert Wahbe氏)
  8. サーバ&クラウドグループ(トップはAmitabh Srivastava氏)

 「この組織再編により、Windows ServerまたはAzureの製品やサービスに変更があるのか」という質問に対しては、以下のような回答をもらった。

 すぐに変更はない。MicrosoftのWindows Server戦略とロードマップは、クラウドで学んだことをオンプレミスソリューションにもたらすという広い戦略を反映したものだ。サーバ&クラウド部門の結成とオンプレミスとクラウドチームの統合は、この戦略とロードマップの延長線上にある。Microsoftのロードマップに変更はなく、現在Windows Azureを(2010年)2月にGA(一般提供)にするために準備を進めており、今後はサーバ&クラウド部門向けに長期的戦略を立てる計画だ。これにより、Windows Azureの戦略とロードマップをさらに強化する。

 読者の中にはわたしと同じように、「Windows NT」の父でWindows Azureに大きく貢献したDave Cutler氏はこの組織変更でどこにいったのだろうと思っている人もいるだろう。Microsoftによると、Cutler氏は、「現在もAzureに貢献しており、(Srivastava氏)と密に作業を進めている」が、引き続きOzzie氏直属とのことだ。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。原文へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連キーワード
経営

関連ホワイトペーパー

連載

CIO
シェアリングエコノミーの衝撃
デジタル“失敗学”
コンサルティング現場のカラクリ
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「展望2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
エンドポイントセキュリティの4つの「基礎」
企業セキュリティの歩き方
サイバーセキュリティ未来考
ネットワークセキュリティの要諦
セキュリティの論点
スペシャル
エンタープライズAIの隆盛
インシュアテックで変わる保険業界
顧客は勝手に育たない--MAツール導入の心得
「ひとり情シス」の本当のところ
ざっくり解決!SNS担当者お悩み相談室
生産性向上に効くビジネスITツール最前線
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell Technologies World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
吉田行男「より賢く活用するためのOSS最新動向」
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
日本株展望
企業決算
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]