編集部からのお知らせ
記事PDF集:官民意識のゼロトラスト
電子インボイスの記事まとめ

マイクロソフト、プライベートクラウド戦略の詳細を明らかに

文:Mary Jo Foley(Special to ZDNet.com) 翻訳校正:末岡洋子

2009-07-14 10:31

 Microsoftは7月13日に米国で開幕した「Worldwide Partner Conference(WPC)」にて、約6000人のパートナー企業の出席者に対し、「プライベートクラウド」の位置づけとパートナー企業向けの計画を紹介している。

 Microsoftの代表者は以前、クラウドOS「Microsoft Azure」を顧客のオンプレミスサーバ上で動かすことはできないと述べていた。Azureを動かすことはできないが、「Windows Server」「System Center」「Hyper-V」やその他のMicrosoft技術の最新機能の多くを利用すれば、ユーザーは自社で「プライベートクラウド」を構築できる、というのがMicrosoftの説明だ。

 MicrosoftはWPCの会期中、「Dynamic Data Center Toolkit for Enterprise」を披露する計画だ。プライベートクラウドのファクトシート(本日までMicrosoftのウェブサイトに掲示されていたが、現時点ではなくなっている)によると、同製品は当初2009年末までに出荷を予定していたが、現在2010年前半に延期されている。「パートナー企業が拡張できる無償のツールキットで、データセンターでリソースの動的なプール、配分、管理することでITをサービスとして提供できる」という。Microsoftはすでに、ホスティングパートナー向けのDynamic Data Center Toolkitを提供している。

 Enterprise版は、エンタープライズ顧客、システムインテグレータ、ISV向けのものとなる。Microsoftのウェブサイトによると、ツールキットにはアーキテクチャロードマップ、実装ガイダンス、ベストプラクティス、ツール(既存のアプリケーションをクラウドに移行するのを支援するツールか?)、それに「パブリッククラウドとの相互運用性」を提供するという名称のない技術が含まれているという。

 Microsoftは、プライベートクラウド向けとパブリッククラウド向けのソリューションの違いを明確にしようとしているようだ。仮想化関連のサイト内にあるプライベートクラウド関連情報で、Microsoftはオンプレミスとオフプレミスのデータセンターの定義を以下のように明確にしている。

 プライベートクラウド--内部サービス主導型環境で、パフォーマンスとコストに最適化されており、顧客のデータセンター内で実装される。Windows ServerやMicrosoft System Centerファミリ製品群などのパッケージサーバ製品を利用して構築、既存アプリケーションとの互換性もある。

 パブリッククラウド--サービスプロバイダが提供するクラウドで、顧客にサービスの実装と利用を提供する。このカテゴリにおいて、Azureは拡張性が高いサービスプラットフォームで、顧客はMicrosoftのデータセンターから従量課金ベースで柔軟性を得られる。

 Microsoftやパートナーのサービスを利用するのではなく、自社データをホスティングしたいデータセンターユーザーには、Azure OSそのものは提供しないということになる。一方で、Microsoftはオンプレミスとホスティング型の両アプローチの類似性を強調しており、サイトの最後に下記のような説明を掲載している。

 顧客が自社の機器を管理しサービスを配信するツールを提供することで、Microsoftは顧客にクラウドコンピューティングの土台技術を提供する。

 Microsoftは、既存データセンターソフトウェアを「プライベートクラウド」対応として再度ブランディングしているだけだと思いますか?それとも、Microsoftのプライベートクラウドツールとソフトウェアは、AmazonやGoogleに先行するものだと思いますか?

 関連したニュースとして、MicrosoftはAzureの価格とライセンス情報を米国時間の7月14日、WPCで発表する計画だ。

 (Oakleaf SystemsのRoger Jennigs氏に、Microsoftのクラウド情報サイトへのリンクを教えてもらった。)

この記事は海外CBS Interactive発の記事をシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。 原文へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 経営

    5分でわかる、レポート作成の心得!成果至上主義のせっかちな上司も納得のレポートとは

  2. 経営

    ノートPCは従来ながらの選び方ではダメ!新しい働き方にも対応する失敗しない選び方を徹底解説

  3. 経営

    問題だらけの現場指導を効率化!「人によって教え方が違う」を解消するためのマニュアル整備

  4. ビジネスアプリケーション

    緊急事態宣言解除後の利用率は低下 調査結果に見る「テレワーク」定着を阻む課題とその対応策

  5. ビジネスアプリケーション

    たしか、あのデータは、こっちのアプリにあったはず…--業務改善のためのアプリ導入がストレスの原因に?

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]