編集部からのお知らせ
オススメ記事選集PDF:MAツールのいま
「これからの企業IT」の記事はこちら

「炎上」を恐れず顧客と向き合え--ソーシャルメディアは企業文化や事業さえも変革する - (page 5)

富永恭子(ロビンソン)

2010-02-19 23:25

情報発信が「企業体質の強化」につながる

 ループスでは、Twitterの活用をさらに拡大することを目的に、世界中のソーシャルメディアに関する情報を収集し、いち早く社員と顧客に情報発信するサービスとして「Looops Trends」の外部公開も準備している。早ければ3月下旬にリリースする予定だ。

 これは、同社メンバーのプロフィールやTwitterのポスト、ブログ、執筆したコラムなどへのインターフェースとなるサービスで、閲覧者はその内容について評価やコメントができる仕組みだ。

 「このサービスで我々が重視するのは、継続的に品質の高い情報選択を行うことができる体制や意識であり、かつてのソーシャルブックマークをさらに厳選、向上させたものだと考えてほしい。このサービスの狙いには、情報発信力の強化がある。顧客にとって、ソーシャルメディアに関することであれば、すべてこのサイトで最新情報が得られるというものにしたいと考えている。また、社内に向けての目的としては、情報を恒常的に蓄積する習慣や情報蓄積と同時に知識を共有すること、また社員それぞれが取り組んでいる重点テーマにおける知見を高め、スター社員を育成することなど、企業体質の強化を目指している。その延長線上には、業務提携メンバーの発掘を推進し、その充実を図ることがある」(福田氏)

Looops Trendsの仕組み ループスが3月下旬に公開予定の「Looops Trends」の仕組み。社内外のソーシャルメディアに関する知見をマッシュアップすることを目指す。(画像クリックで拡大表示)

 ここでの業務提携メンバーを同社では「フェロー」と呼ぶ。その対象としては、ソーシャルメディアの特定分野での見識に卓越し、同社と協調して事業活動を実践できる人材だという。フェローは、現在2名。すでに同社のプロジェクトやLooops Trendsのデータベス作成等にも参加しているという。

 斉藤氏は「ループスのコアコンピタンスは、ソーシャルメディアに関する世界中の最新情報を常にデータベース化して活用していくことだ。これを対外的にも公開し、情報をコアとして対話ができる場の提供を行っていることが特長となっている。その循環の中から、ソーシャルメディアの活用に関する仕事がループスには集まっているということも大きな価値となっている」という。一方で、海外のソーシャルメディアの状況などをつぶさに調査している人も、なかなかその見識や情熱を生かす環境は少ないのが現状だという。逆に、「にわかソーシャルメディア・コンサルタント」のレッテルを貼られてしまいかねない状況でもあるという。

 「ループスは過去4年、SNSに関する実績を積み上げてきた。ループスの事業モデルでいうフェローには、ひとつの仕事を受けた人がほかの仕事を受けてはならないなどの囲い込みの発想はない。当社は、フェローとしてソーシャルメディアの知見を持つ人にプロジェクトに参加してもらうことにより、顧客に対する提案をさらにレベルアップしたいと考えている」と斉藤氏は言う。フェローについては、Looops Trendsの提供を機会に今後、5人から10人への増強を考えているという。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

関連記事

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AWSが提唱する、モダン分析プラットフォームのアーキテクチャと構築手法

  2. クラウドコンピューティング

    AWS資料、ジョブに特化した目的別データベースを選定するためのガイド

  3. セキュリティ

    Zero Trust Workbook--ゼロ トラストの先にある世界を知るためのガイダンス

  4. セキュリティ

    「ゼロトラスト」時代のネットワークセキュリティの思わぬ落とし穴に注意せよ

  5. クラウドコンピューティング

    データ駆動型の組織でビジネスの俊敏性を実現するには?戦略的な意思決定とイノベーションを両立へ

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]