編集部からのお知らせ
PickUp! オンラインストレージの進化と課題
HCIの記事をまとめた資料ダウンロード

マイクロソフト、Windowsの問題を自動修復する「Fix it Center」のベータを提供開始

文:Mary Jo Foley(Special to ZDNet.com) 翻訳校正:末岡洋子

2010-04-19 13:33

 Microsoftは今週、ユーザーが自分のWindows PCやサーバの問題を自分で診断して問題解決できる最新のサービス「Fix it Center」とウェブサイト「Fix it Online」のベータ提供を静かに開始した。

 Fix it CenterとFix it Onlineは、Microsoft Supportが提供する最新のセルフヘルプ診断ツールだ。サービスの対象となるのは、「Windows XP」(Service Pack 3、および64ビットXP ProのSP2)、「Windows Vista」「Windows 7」「Windows Server 2003 SP2」「Windows Server 2008」「Windows Server 2008 R2」。ベータサービスでは、ソフトウェアクライアントをインストールできるPCの台数に上限を設けていない。

 Fix it Centerのウェブサイトでは、以下のようにサービスを説明している。

Fix It Centerは、一般的なPCや端末の問題を自動で検出し、修正するものだ。また、既知の問題を調べ、アップデートをインストールすることで、新たな障害が起きるのを未然に防ぐのも助ける。Fix it Centerは、問題の診断と修復に必要なステップを簡素化し、ユーザーのために機能する自動ツールである。

 Fix it Centerは端末をスキャンし、問題を診断して修正する。ユーザーはその後、「検出と修正」または「検出とレポート」から選ぶことができるという。設定やオプションをカスタマイズして、複数の端末を単一のビューから管理することもできる。

 (このサービスが先週から公開されていれば、絶対利用しただろう--わたしのWindows 7搭載マシンにブルースクリーンが何度か表示されたのだ。RAMに問題があったようで、ひいきにしている近くのMicrosoft認定サービスセンターのDataVisionの担当者がすぐに問題を解決してくれた。)

 News.comが報告しているように、Fix it CenterおよびサービスはMicrosoftが2009年にローンチした「Fix It」ブランド上で展開される。すでに300以上の問題に対応、今後も増やす予定という。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。原文へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]