編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

楽天証券、arrowhead対応の市場情報配信システムにオラクルのインメモリ製品

田中好伸(編集部)

2010-04-26 15:47

 楽天証券は東京証券取引所(東証)の新株式売買システム「arrowhead」に対応する「フル板情報配信システム」にインメモリデータグリッド製品「Oracle Coherence」を採用している。同システムはarrowheadが稼働開始した1月4日から稼働している。日本オラクルが4月23日に発表した。

 楽天証券の3月末現在のユーザー数は95万人。同社のフル板情報配信システムは、売買する株式の現在値や売り買いの気配値、引き条件付き注文、売買高、売買代金を含めた全板情報を配信する。楽天証券は、個人投資家向けにもプロのディーリングルーム環境を提供するというコンセプトのもとに同システムを構築することを決定している。フル板の情報は、同社の個人向けオンライントレーディングツール「マーケットスピード」などに配信されている。

 楽天証券は、2009年10月にOracle Coherenceを採用して、フル板情報配信サービスの認証、セッション管理システムの構築を開始、1月4日のarrowheadの稼働開始にあわせてフル板情報を配信している。Oracle Coherenceは、高い信頼性と可用性でメモリベースのセッション管理ができるため、arrowheadから瞬間的にフル板情報を表示するだけでなく、取引時間の引けにかけて成り行きでどのような動きをするのかなどの参照もできるようになっているという。Oracle Coherenceが短期に構築可能であること、今後のサービス拡充にも対応可能なスケーラビリティ、ミッションクリティカルに応えられる日本オラクルのサポート体制などが採用のポイントだとしている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]