SAPPHIRE NOW 2010:企業ITの変遷に対応してきたSAPが目指す「オンプレミス、オンデマンド、オンデバイス」 - (page 3)

末岡洋子

2010-05-20 15:50

 「オンデマンド」はインフラを共有し、すぐにバリューを得たいという顧客向けとなる。ここでは、「オンプレミスソフトウェアのビジネス拡張ライン」と、SaaSとして提供される「Business ByDesign」の2つのアプローチをとる。Business ByDesignは現在米国、ドイツなど6カ国で限定的に提供しているが、7月末に一般向けにローンチし、2011年以降世界市場に拡大していく。

Business ByDesign iPadでBusiness ByDesignの分析機能をデモするSnabe氏

 Business ByDesignは提供が当初の予定から大きく遅れているが、Snabe氏はこれについて、「新しい分野であり、完璧にしてから提供する必要があった」と説明する。現在約100社の顧客が利用しており、十分なフィードバックを得られたという。最新バージョンではインメモリ技術を利用し、SAPの高度な分析を高速に処理できる。Snabe氏はステージ上で、「iPad」で動くBusiness ByDesignの分析機能を披露してみせた。オンデマンドは米Salesforce.comなどがリードしている分野だが、Snabe氏は「ナンバー1を目指す」と意気込んだ。

 「オンデバイス」では、ビジネスユーザーが場所と時間を問わずに情報やデータにアクセスできるようにする。Sybaseの買収はこの部分を補完するものとなる。それに加え、新しいツールも提供する。一例として、Snabe氏は4月に一般提供を開始したコラボレーションツール「StreamWork」を紹介した。

 この3つのレイヤに加えてオーケストレーションを用意、データに一貫性を持たせ、プロセスをエンドツーエンドで支える。ソフトウェア全体に一貫性を提供することで、オンプレミス、オンデマンド、オンデバイスの各ソリューションをばらばらに実装しても、連携が可能となるよう設計した。Snabe氏は「的確な情報を正しいタイミングで適切な人に配信できるようになる」と言う。これを、Oracleのスタックアプローチと対比しながら、「ネットワーク化されたソリューションである」とまとめた。

  • スタックのアプローチ

  • SAPでは「ネットワーク化されたソリューション」として「オンプレミス、オンデマンド、オンデバイス」を実現するとする

  • ネットワーク化ソリューションの例として紹介された「Sales On-Demand」。2010年後半に提供する

 2人のCEOが共に強調したのは「オープンエコシステム」と「選択肢」だ。SAPは業務アプリケーションに専念し、Intel、Cisco Systems、EMC、VMwareなどさまざまな分野のリーダーと提携する。また、既存顧客へのメッセージとして、運用に支障を与えることなくこれらの技術を提供していくとした。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]