編集部からのお知らせ
New! 記事まとめ「ISMAP-LIU」
話題の記事まとめ「通信障害と社会リスク」

ダッソー・システムズCEO、IBMのPLM事業買収の背景を語る

冨田秀継(編集部)

2010-06-07 21:56

 ダッソー・システムズは6月7日、都内で「Japan Customer Forum 2010」を開催した。顧客、パートナー向けに開催されたこのイベントに合わせ、Dassault Systèmsの社長兼CEO、Bernard Charlès氏が来日し、ZDNet Japanのインタビューに応じた。

 同社は2009年10月、IBMのPLM販売事業部門を約6億ドルで買収することを発表。当時のCharlès氏は、本買収をDassault Systèmsの企業史において最大の投資であると位置付けていた。

 IBMとの協力を続けるのではなく、なぜ買収というかたちで内部に組み込むのか?Charlès氏は、「IBMの事業部門を買収した理由は実にシンプルだ」と述べている。

 「IBMはCATIAと、ENOVIAの一部しか販売していなかった。一方、Dassault SystèmsはDELMIA、SIMULIA、ENOVIA(いずれもPLMブランド)の残りの部分を販売していた。これは、(場合によっては)2つの契約を交わす必要があり、お客様にとって複雑な仕組みだったのだ」(Charlès氏)

 こうした事情を踏まえた上で、Dassault SystèmsはIBMに買収を提案した。成功裏に進んだ背景には、「世界的な経済不況」という言葉が見え隠れする。「IBMにチーム(PLM販売事業部門)の買収を6億ドルで提案した時はちょうど景気が落ち込んでおり、合意に達しやすかったといえる。そうでなければ、IBMもなかなか応じなかったであろう」と、Charlès氏は言う。

 Dassault SystèmsはIBMのPLM販売事業部門を買収する一方、同社とのパートナーシップは継続している。現在も、販売、サービス、コンサルティング、クラウドコンピューティングといった分野で協力しているという。Charlès氏は最後に、買収を振り返って次のように述べている。

 「買収は、お客様にとっても、パートナーにとっても、また私たちの財務にとっても、非常に良い決断だったと考えている。昨年の景気は危機的な状況ではあったが、その中でもチャンスを逃すことはなかったということだ」(Charlès氏)

iPhone上で3DモデルをコントロールするDassault Systèms社長兼CEOのBernard Charlès氏 iPhone上で3DモデルをコントロールするDassault Systèms社長兼CEOのBernard Charlès氏

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    【講演資料】Sentinel運用デモ-- ログ収集から脅威の検知・対処まで画面を使って解説します

  2. セキュリティ

    SASEのすべてを1冊で理解、ユースケース、ネットワーキング機能、セキュリティ機能、10の利点

  3. ビジネスアプリケーション

    北海道庁、コロナワクチン接種の予約受付から結果登録まで一気通貫したワークフローを2週間で構築

  4. セキュリティ

    Sentinel運用デモ-- ログ収集から脅威の検知・対処まで画面を使って解説します

  5. セキュリティ

    セキュアなテレワーク推進に欠かせない「ゼロトラスト」、実装で重要な7項目と具体的な対処法

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]