日立情報システムズ、中小規模企業向けクラウドサービス「Dougubako」を提供開始

富永恭子(ロビンソン)

2010-08-30 19:38

 日立情報システムズ(日立情報)は8月30日、中小規模企業(SMB)向けに、業務アプリケーションを月額料金で提供するクラウドサービス「Dougubako」を同日より提供開始することを発表した。

 Dougubakoは、業務アプリケーションを、日立情報のデータセンターからネットワークを通じて利用できるクラウド型のサービス。インターネットに接続可能なノートパソコンやデスクトップパソコンなどで利用できる。既にラインアップされているアプリケーションのほか、ユーザーが利用したいアプリケーションを追加することも可能。また、利用するアプリケーション間のデータ連携機能も標準装備されているため、アプリケーションごとのデータの入力をすることなく一貫したデータ管理ができる。さらに、作成したデータは「データ金庫」で安全に保管するため、万が一利用しているパソコンなどが壊れた場合にもデータの消失を防ぐことができる。また、専用のサポートデスク、15日間の無料トライアルも用意している。

 これによりユーザーは、高額な購入費用を必要とすることなく、業務アプリケーションを安価に利用できる。またアプリケーションのバージョンアップやデータの管理、セキュリティ対策などは全て標準サービスとして提供されるため、IT資産管理に煩わされることなく、本業に集中することができるとしている。

 日立情報は今後、DougubakoをSMBのITインフラ構築やコンサルティングを行うSIerや会計事務所、地域ITコーディネーター、ソフトウェアベンダーなど、SMBを顧客にもつ企業の商材として提供し、拡販を図るとしている。また、Appleの「iPad」への対応も予定しているという。

 Dougubakoの提供価格は、「経理・事務利用」で初期費用が2万1000円、月額利用料は2万1000円からで、Microsoft Office 2007 Standard Edition、弥生会計10、弥生給与10、データ連携機能、データ金庫機能が搭載されている。「管工事・建設業工事原価計算業務利用」は、初期費用が2万1000円、月額利用料が1万9950円からで、Microsoft Office 2007 Standard Edition、レッツ原価管理Go フルシステム、データ連携機能、データ金庫機能が搭載されている。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    【マンガ解説】まだ間に合う、失敗しない「電子帳簿保存法」「インボイス制度」への対応方法

  2. ビジネスアプリケーション

    きちんと理解できていますか?いまさら聞けないインボイス制度の教科書

  3. 運用管理

    AWS、GCP、Azureを中心としたクラウドネイティブ環境における5つのセキュリティ強化策

  4. セキュリティ

    マンガでわかる―Webサイトからの情報搾取を狙うサイバー攻撃「SQLインジェクション」、どう防ぐ?

  5. セキュリティ

    緊急事態発生時にセキュリティを維持するための8つの戦略と危機管理計画チェックリスト

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]