編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit」参加登録受付中! 
新着記事集:「負荷分散」

日立、バッチジョブ分散処理ソフト販売--複数サーバの並列処理で高速化

田中好伸(編集部)

2010-10-01 13:00

 日立製作所は10月1日、バッチジョブ分散処理ソフトウェア「uCosminexus Grid Processing Server」を10月15日から販売することを発表した。基幹系システムでのバッチ処理の高速化とバッチ業務の分散実行の構築・運用簡易化を実現できるとしている。価格はサーバソフトが105万円から、クライアントソフトが31万5000円からとなっている。

 uCosminexus Grid Processing Serverは、バッチ処理をデータが分散配置された複数のサーバで並列に実行させることで、バッチ処理時間を短縮できるという。小規模構成から始めて、処理量に応じてきめ細かにサーバを追加できることから、IT投資の適正化を図れるとしている。

 ジョブを分散並列実行することで、一部のジョブでエラーが発生した場合でもすべてのジョブをやり直す必要がなく、対象のジョブだけを再実行することができる。ジョブの実行前にサーバ障害を検知すると、自動的に別のサーバで実行することもできるとしている。

図 uCosminexus Grid Processing Serverの処理イメージ

 uCosminexus Grid Processing Serverが分散実行する複数のバッチ処理は、ジョブ管理ソフトウェア「JP1/Automatic Job Management System 3(JP1/AJS3)」のジョブ定義と同じ操作で、1つのジョブとして定義できる。ジョブ実行時には、複数に分散した処理を、1つのバッチ処理を扱うようにシンプルな操作でJP1/AJS3から運用できる。

 日立では、業務の高度化や複雑化などで、企業が扱うデータ量は増大しており、大量データを一括で処理するバッチ処理の処理時間が増加する傾向にあると指摘。またビジネススピードが加速することで、バッチ処理時間短縮に対するニーズも高まっていると説明している。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    Google Cloudセキュリティ基盤ガイド、設計から運用までのポイントを網羅

  2. セキュリティ

    仮想化・自動化を活用して次世代データセンターを構築したJR東日本情報システム

  3. ビジネスアプリケーション

    スモールスタート思考で業務を改善! 「社内DX」推進のためのキホンを知る

  4. セキュリティ

    Emotetへの感染を導く攻撃メールが多数報告!侵入を前提に対応するEDRの導入が有力な解決策に

  5. セキュリティ

    偽装ウイルスを見抜けず水際対策の重要性を痛感!竹中工務店が実施した2万台のPCを守る方法とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]