編集部からのお知らせ
Pick up! ローコード開発の行方
「これからの企業IT」の記事はこちら

セールスフォースと富士通、「Salesforce CRM」の追加機能を提供開始

富永恭子(ロビンソン)

2010-10-04 15:50

 セールスフォース・ドットコムと富士通は10月4日、「Salesforce CRM」と連携し、販売管理などの業務機能を提供する「gloviaオーダーマネジメント」の提供を開始した。

 gloviaオーダーマネジメントは、セールスフォース・ドットコムの商談管理向けクラウドサービス「Salesforce CRM」とシームレスに連携し、企業業務において必要な機能をクラウドサービスで一括提供するサービス。従来、商談管理機能がメインであったSalesforce CRMに対し、販売管理、出荷管理、請求管理、返品管理、在庫管理、購買管理などの業務機能を追加するという。

 なお、同サービスは、2008年より富士通グループのグロービアインターナショナルが、米国で開発、販売してきたものを、日本を含むグローバルで展開するもので、2010年第3四半期からは、アセアン地区の日系企業向けにも販売開始を予定しているという。今回の両社の取り組みは、2010年5月に発表したグローバル協業に基づいた第1弾の取り組みだとしている。

 gloviaオーダーマネジメントは、セールスフォース・ドットコムのクラウドプラットフォーム「Force.com」上のネイティブアプリケーションであり、ハードウェアなど、インフラの初期投資は一切不要だという。また、Salesforce CRMとのシームレスな連携により、ユーザーは、マーケティングから営業業務全般をクラウド上で統合管理し、受発注業務も行えるようになる。

 他には、製品在庫のマルチロケーション管理、ロット管理、シリアル管理などの機能を実装し、受発注取引業務に関わる製品の在庫管理がきめ細かに行える点、多通貨、多言語に対応しており、グローバル規模での受発注業務管理も行える点などが特徴という。さらに、「gloviaオーダーマネジメント/パートナーポータル」を利用することで、販売代理店やサプライヤーとの受発注業務データをシームレスに共有できるようになり、デマンドチェーンおよびサプライチェーン管理がクラウド上で行えるようになるとしている。

 gloviaオーダーマネジメントの税別提供価格は、1ユーザーあたり月額7500円から。gloviaオーダーマネジメント/パートナーポータルは1ユーザーあたり月額2100円からとなる。また、注文状況、出荷情報、請求残高などの重要な情報をSalesforce.comのカスタマーポータルと連携させることができる「gloviaオーダーマネジメント/カスタマーポータル」は1ユーザーあたり月額300円となる。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    社員の生産性を約2倍まで向上、注目の企業事例から学ぶDX成功のポイント

  2. コミュニケーション

    真の顧客理解でCX向上を実現、いまさら聞けない「データドリブンマーケティング」入門

  3. クラウドコンピューティング

    家庭向けIoT製品の普及とともに拡大するセキュリティとプライバシー問題─解決策を知ろう

  4. クラウドコンピューティング

    クラウドの障害対策を徹底解説!4つの方法とメリット、デメリット

  5. セキュリティ

    サイバー犯罪の標的となるMicrosoft製品、2019年に悪用された脆弱性リストからの考察

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]