編集部からのお知らせ
PickUp! オンラインストレージの進化と課題
HCIの記事をまとめた資料ダウンロード

ユニクロの国際展開を支えるIT基盤--常に最新技術を活用するために

大川淳

2010-11-16 13:29

 NTTコミュニケーションズの年次イベント「NTT Communications Forum 2010」の特別講演に、ファーストリテイリング グループ執行役員の樋田真氏が登場した。「ファーストリテイリングの挑戦〜グローバル化に向けた民族大移動とIT化〜」と題して、同社が取り組むクラウド対応型の次世代IT構築を解説した。

 ユニクロで知られるファーストリテイリングは、海外への事業展開に注力している。海外進出は2001年に開始しており、現在は英国、中国、香港、韓国、米国、フランス、シンガポール、ロシアに店舗を設けている。現在、ユニクロ事業での店舗数(2010年8月末)は国内808店舗に対し、海外136店舗となっている。

樋田真氏 樋田真氏

 樋田氏は、「当社は製品やサービスなどを日本品質のまま全世界で提供している。欧米向けのやり方で挑戦しようとしたこともあったが、日本で打ち出し、日本人に評価されたサービスをグローバルに展開し、欧米やアジア地域でも受け入れられている」と話す。同社は中期計画で現状の売上高8148億円を2020年には5兆円へと成長させ、利益1兆円を目指している。

 大幅な成長を実現させるためには、世界市場で規模を求めることが必要になる。

 「中国を中心としたアジア市場の成長をてこにして伸長する。それにはブランディングが重要であり、欧米の主要都市で存在感を示していかなければならない。現状では売上げの約75%を国内のユニクロ事業が占めているのだが、国際的な展開を進めれば、いずれ従業員の半分が海外に出ることになる。一方、東京本部の要員も半数は外国人になるだろう」(樋田氏)

 こうした成長戦略、成長構想は、正に「民族の大移動」を想起させる。

 そこで同社は、グローバル展開を効率的に推進するため、個々の従業員が経営者の視点をもつ「Global One」「全員経営」の発想を基盤に、全世界に渡る単一のプラットフォームと、きめ細かな経営を目指す「マイクロマネージメント」を組み合わせた「G1プロジェクト」を推進している。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]