編集部からのお知らせ
スタート直前の5Gをチェック!
PickUp! オンラインストレージの進化と課題

エンタープライズモバイルの波に乗るサイベース - (page 2)

末岡洋子

2011-06-06 12:16

 主力製品でもSUPについては、SAPPHIRE Nowで最新版「Sybase Unwired Platform 2.0」を発表した。iOS、BlackBerry、Windows Mobileに対応したほか、Androidもサポート予定とした。Eclipseを利用して、SAPやSybaseだけでなく、外部開発者、提携企業、SIer、顧客がアプリケーションを開発できる。「1度開発したら、さまざまな環境へ実装できる」とChen氏は言う。

 バックエンドとの統合に加え、Chen氏が強調した特徴が、アプリケーションの実装レイヤだ。IT部門は、モバイル対応にあたって端末とアプリの管理を課題と捉えているからだ。

 「管理は非常に重要になっている」とChen氏。最新版ではバージョン管理、ポリシー施行、暗号化などの管理が容易になるという。Sybaseはこの分野に「Afaria」というスタンダロン製品を持ち、連携することで高度な管理機能を利用できる。

 「2.0では“アプリの開発と実装”、“アプリ、端末、ユーザープロファイルの管理”という2つのバランスがとれたプラットフォームになった」と、Chen氏は満足顔で述べている。

 バージョン2.0と同時に発表したSDKでは、UIフレームワーク、接続、デバイス統合などの機能を提供し、ネイティブアプリケーションを開発できる環境を整えた。SDKは数カ月以内に公開の予定だ。

 第2の層であるモバイルアプリケーションでは、SAPPHIRE Nowで約20種のモバイルアプリケーションを発表している。フィールドサービス向け、小売店向け、生産性などで、カメラ、通話、位置情報などモバイルならではの特徴を活用できるアプリケーションとなる。これら通常の業務アプリケーションに加え、顧客企業がエンドユーザーに提供するコンシューマー向けアプリケーションに対する関心も高いという。

 3つめのモバイルサービス「Sybase 365」では、オペレーター向け、モバイルコマースなどのサービスを提供する。モバイルメッセージングでは1日150億件のメッセージを支えているという人気製品だ。

Sybase 365担当社長のMarty Beard氏 Sybase 365担当社長のMarty Beard氏

 Sybase 365担当社長のMarty Beard氏によれば、コンシューマライゼーションというトレンドにより「(モバイルコマース分野は)100%の成長を遂げている」と報告する。モバイルコマースでは、決済やバンキングなどのトランザクション、メッセージ、サブスクリプション、広告などのマーケティング、ロイヤリティやクーポンなどのCRM、そして分析まで包括的に支援する。「サイクルを作ることで、効果を引き出せる」とBeard氏。トランザクション部分はすでに離陸しており、CRMや分析に関心が拡大しつつあるという。

 企業のモバイルに関する動向について説明したSybaseの最高マーケティング責任者、Raj Nathan氏は「あらゆる企業がモバイルアプリケーションの開発に関心を持っている」と言う。

SybaseのCMO、Raj Nathan氏 SybaseのCMO、Raj Nathan氏

 だが、端末もアプリケーションも種類はさまざまで、ユーザーの役割もさまざま。しかも、エンドユーザーには「いますぐに使いたい」というニーズが多いという。「運用に入るまで18カ月かかるような、通常の業務アプリケーションと同じ時間はかけられない」とNathan氏は述べ、「開発、テスト、運用のサイクルの短縮が求められている」と続けた。

 このような状況下、SUPというプラットフォームを土台としたSybaseのアプローチは魅力的で、同社のモバイル事業は好調という。SAPカンパニーとなったことでSAPユーザーからの関心も高く、「セールスパイプラインに2000件はある」とChen氏は胸を張る。「Sybaseは1990年代後半からモバイル分野を手がけてきたが、ここにきて一気に花開いた」と先見の目の正しさを強調した。

ZDNet Japan 事業継続フォーラムのご案内
朝日インタラクティブは6月22日、都内で「ZDNet Japan 事業継続フォーラム」を開催します。ヤマト運輸 情報システム部長による基調講演「ヤマトグループが取り組んだ広域災害対策の歴史」、仙台のIT企業 トライポッドワークスによる特別講演「大震災で通信と物流がストップ--仙台のIT企業はいかにして事業を継続したのか」などを予定しています。皆さまのご参加をお待ちしております。

Keep up with ZDNet Japan
ZDNet JapanはFacebookページTwitterRSSNewsletter(メールマガジン)でも情報を配信しています。現在閲覧中の記事は、画面下部の「Meebo Bar」を通じてソーシャルメディアで共有できます。東日本大震災の情報は、特設サイト「ZDNet Japan after 3.11」にまとめています。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]