編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

ジョブズの隠れた功績は「流通改革」--強引な戦略を世界で定着させた手腕 - (page 2)

大河原克行

2011-10-06 17:28

 iMacの販売に関しては約20社の販社だけと契約を結び、さらにそれらの販社においても特定の店舗だけで取り扱いが許されるという仕組みとしたのだ。長年、Apple製品を取り扱っていた販売店からは当然反発の声があがった。

 この時の大胆な流通施策はそれだけではなかった。販売店への卸価格も大幅な見直しが行われ、販売店が得られる利益率は、Windows PCに比べて少ないという状況に陥ったのである。

 その結果、販売店は利益確保のために定価で販売しなくてはならず、発売直後から2割引きというような従来のPCの販売方法を大きく変えることにもつながったのだ。

 国内における当時のPOSデータの集計でも、iMacの平均販売価格だけは定価の17万8000円のままという状況がずっと続いていた。秋葉原の販売現場では、1976年にNECが発売した初のマイコンキット「TK-80」以来の定価販売として話題となったほどだ。

 この流通施策の基本的な考え方は、2001年5月に第1号店をオープンした同社直営店のApple Storeへとつながっている。

 Apple Storeに行けば、製品の使い方を専門スタッフに説明してもらい、セミナーを受けることも、使い方を相談をすることもできる。安心して購入し、利用できる環境が整っているのだ。初めてApple製品を購入するというユーザーが増え、Appleのシェアが着実に拡大してきたのは、こうした流通戦略が成功していることの証でもあろう。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]