過熱するアップル株への期待と不安 - (page 3)

三国大洋 2012年03月19日 15時12分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

大きくなりすぎた?——「AAPL」の存在感

 アップル自体の思惑は別にして、外部からの同社株式に対する期待はますます高まっている。

 そのことは、冒頭で触れた株価の急上昇ぶりからも察せられるかと思う。

 この存在感の増大について「他社とのバランスで、ちょっと危うい水準まで進んでいるのではないか」という話が、2月半ばに公開されたWSJの記事に載っていた(註5)。

 この記事によると、たとえばナスダック(Nasdaq)に上場するテクノロジ系企業上位100社の時価総額があわせて約2兆8000億ドルであるのに対し、アップル1社で4750億ドルと、全体のほぼ6分の1を占めているという。そのほか、S&P 500全体の時価総額に占めるアップルの割合が3.8%に達し、2011年10〜12月期の利益の伸び(前年同期比)もアップルを含めた場合が6.6%なのに対し、アップル抜きでは2.8%に低下してしまう、といったデータが並んでいる。

 まさに米株式市場全体が多分に「アップル頼み」になっている、と捉えることもできそうな状況といえよう。

 また、やはりWSJに掲載された別の記事(米国時間3月14日付)には、「アップル株を持たなければ、運用成績で競合から取り残されてしまうのでは」という集団心理が、米国の投資信託(ミューチュアルファンド)のファンドマネージャーの間で働いているという話も出ている(註6)。

 この記事によると、本来は外国企業や中小規模の企業を中心に投資するはずの投資信託までがアップル株式をポートフォリオに組み入んでいるところがいくつもあるという。

 一定の割合以下であれば、目論見書に記した分野以外の企業に投資することは認められているというが、それでもこうした動きを非難する声も記されている。

 大手投資信託のバンガード創業者であるジョン・ボーゲル氏は「中小規模の企業に投資するといっているファンドがアップル株式を保有するのは明らかに不適当(略)こうした動きは、ファンド投資家にとってがっかりするような結果を招くことになると思わざるを得ない。そうした事態がいつ起こるかはわからないが、しかしそれが起こることは間違いない」とコメントしている。

 万が一アップルの株価が大きく値下がりし、それに引きずられる形でファンド全体の成績が下がるといったことになれば、投資家としては「そんなつもりではなかったのに」ということになりかねない、というわけだ。

 さらに、配当のある企業に焦点を絞っていると謳うファンドのなかにもアップル株式に投資しているところが多くある。これらのファンドのマネジャーは、やはりティム・クックCEOから発せられたサイン(signs)とそれに約1000億ドルの余剰資金を株式保有の理由として挙げている。

 同記事で紹介されているファンドマネジャーは、6カ月以内に配当実施があるとの見通しを明らかにした上で、次のようにコメントしている。

 「アップルはとても優れた企業で、とても上手に運営されている。これでもし配当を出すようなことがあれば、まったく新たな種類の投資家を(同社株に)惹きつけることになるだろう」(註7)

 現在のアップルは目先の株価の上下動に一喜一憂する必要がない。そのことは改めていうまでもないが、前述の通り「見切り発車」のような形で同社の配当を織り込む動きが出てきていることを考え合わせると、そうした期待が失望に変わるというリスクも浮かんでくる。アップルの株式市場全体に対する存在感がかつてなく大きくなっているだけに、そうしたリスクどう手当していくのかが注目される。

註5:アップルの株価、危うい水準では

Apple's Size Clouds Market - Wall Street Journal


註6:ファンドマネージャーの間で働く集団心理

Apple Inc.'s surging shares have prompted hundreds of mutual funds to buy the stock - including many that aren't expected to invest in a giant, U.S.-based technology company that pays no dividends.

Shares Are Too Tempting Not to Bite - WSJ


註7:あるファンドマネジャーによる配当実施の見立て

Managers of dividend funds argue Apple may soon pay a dividend, given its $100 billion in cash and signs from Apple chief Tim Cook that he would be more amenable to a payout than his predecessor. Judith Saryan at Eaton Vance. Investment Managers bought Apple shares for two dividend-focused funds. She believes the company will pay a dividend within six months.

"Apple is a great company, it's well-managed, and if they do pay a dividend, they'll bring in a whole new set of investors," Ms. Saryan says.

Shares Are Too Tempting Not to Bite - WSJ

Keep up with ZDNet Japan
ZDNet JapanはFacebookページTwitterRSSNewsletter(メールマガジン)でも情報を配信しています。現在閲覧中の記事は、画面下部の「Meebo Bar」を通じてソーシャルメディアで共有できます。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SpecialPR

連載

CIO
教育IT“本格始動”
月刊 Windows 10移行の心・技・体
ITアナリストが知る日本企業の「ITの盲点」
シェアリングエコノミーの衝撃
デジタル“失敗学”
コンサルティング現場のカラクリ
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「展望2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
セキュリティインシデント対応の現場
エンドポイントセキュリティの4つの「基礎」
企業セキュリティの歩き方
サイバーセキュリティ未来考
ネットワークセキュリティの要諦
セキュリティの論点
スペシャル
エンタープライズAIの隆盛
インシュアテックで変わる保険業界
顧客は勝手に育たない--MAツール導入の心得
「ひとり情シス」の本当のところ
ざっくり解決!SNS担当者お悩み相談室
生産性向上に効くビジネスITツール最前線
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft Inspire
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell Technologies World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
吉田行男「より賢く活用するためのOSS最新動向」
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
日本株展望
企業決算
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]