編集部からのお知らせ
HCIの記事をまとめた資料ダウンロード
記事集:クラウドのネットワーク監視

システム構築:パッケージがスクラッチ開発の2倍以上

田中好伸 (編集部)

2012-03-29 15:16

 メイド・イン・ジャパン・ソフトウェア・コンソーシアム(MIJS)は3月29日、2011~2012年度の業務システム構築実態の調査結果を発表した。調査によると、2011年度のIT投資予算DI(ディフュージョンインデックス)値は1%増、2010年の調査開始以来初めてプラスに転じたという。

 2012年度のシステム構築方法を聞くと、スクラッチ開発志向が25.2%に低下。パッケージ志向が56.4%とスクラッチ開発の2倍以上になっている。

 業務アプリケーションとしてASP/SaaSを利用中か検討中の企業は合計で56.3%と過半数を超えている。MIJSでは業務アプリケーションのクラウド利用がさらに進むと見込んでいる。

 2012年度に業務端末にスマートフォンやタブレットを利用中か検討中の企業は55.2%となっている。スマートフォンやタブレットの業務利用が今後広がるものとしている。

 調査は2月9~27日に情報システムの導入や運用、利用に携わるビジネスマンを対象にした。有効回答数は263件となっている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]