ソーシャルソフトウェア新興企業は大手ベンダーに飲み込まれるのか - (page 2)

Dion Hinchcliffe (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 石橋啓一郎 2012年06月27日 07時30分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

 B)古い企業向けソフトウェアの世界への退行。ソーシャルソフトウェアの会社を買収しようとする企業の多くは、数十年の歴史を持つ古くからある企業向けソフトウェアベンダーだ。わたしはIBM、Microsoft、SAP、Oracleと長年にわたって関係を持っており、これらの会社が好きだし敬意を払っているが、多くの場合それらの企業は、今日の高度に一般消費者向けに特化した、ソーシャル、モバイル、クラウドに満ちた世界の感性を、単純に持ちあわせていないことが多い。それこそが、大手ベンダーが刺激的な新興企業を手に入れようとする理由の1つだ。これは新しい血を入れるには素晴らしい手段だが、往々にして、買収側が新興企業から受ける影響よりも、新興企業の方が買収側から受ける影響の方が大きい。ソフトウェアが運用され、販売され、供給され、価値を提供する方法が、大きな転換点をいくつも迎えている今、これは企業にとって不幸なことだ。

新興ソーシャル企業は業界でいかに消化されているか:要素の分析

 わたしは最近、ソーシャルコンピューティング市場におけるソフトウェアの大型買収について分析し、いくつかの興味深い結論を得た。ソーシャル業界の「太陽系」の図を見て欲しい。この図では次のような分類をしている。

  1. 大手ソーシャル企業(big social):Facebook、Twitter、LinkedInなどの、巨大な公開ソーシャルネットワーク。
  2. 新参大手企業(new guard):最新世代の企業向けソフトウェアベンダー。
  3. 古参大手企業(old guard):数多くのソフトウェアの革新を生き残ってきた、この市場で長年続く企業。
  4. 新興企業(startups):これらは新興ソーシャル企業だが、この図では買収されたものだけを挙げている。
ソーシャル企業買収の太陽系図

 この図から、資産を多く持っている業界の支配的なプレーヤーほど、多くの買収を行っていることがわかる。以下にその例を挙げる。

  • Salesforce.com:Buddy Media、Rypple、Assistly、Radian6
  • Jive:Proximal Labs、Filtrbox
  • Oracle:Collective Intellect、Vitrue、RightNow
  • Facebook:Instagram、Gowalla、Glancee、Divvyshot、Hot Potato、FriendFeed、Lightbox、ShareGrove、他
  • LinkedIn:SlideShare、Rapportive

 GartnerのアナリストMichael Maoz氏は最近のブログ記事で、大手企業が新たな考え方にいかに弱いかを説明し、同時に大手ベンダーの重力井戸に落ちていく小さいが革新的な新興企業が増えていると述べている。

 これは言い争っても仕方がないし、嘆くべきことでもない。大手ベンダーは、ものを買ってくれる消費者とどのように関わるかを探る「周辺」で革新を起こすことはない。ソーシャルメディア、デジタルマーケティング、広告表示、コンテンツの個人化、プレゼンスに基づくサービス、コラボレーションおよびソーシャルネットワークの分析、評判管理--これらはすべて、「大手企業」の持つ能力の外にあるが、支払える金額に収まらないわけではない。大手企業はプラットフォームを作り直し、資金を投下し、規模を拡大する。

 今後生き残れる大手企業は、(おそらく)IBM、Oracle、Microsoft、そして今ではGoogle、Apple、Facebookだけだろう。他の企業は、本物の惑星の軌道に落ちてしまう。それは構わない。目をよく見開いて、自分が向かう方向を見極めれば、イノベーターとともに素早く革新を起こしていくことができるだろう。

 残念ながら、これは真実であるかもしれず、企業顧客はこれを織り込んでおくべきかなのだろうが、彼らにとって必ずしもこれが最善のシナリオであるとは限らない。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SpecialPR

連載

CIO
月刊 Windows 10移行の心・技・体
ITアナリストが知る日本企業の「ITの盲点」
シェアリングエコノミーの衝撃
デジタル“失敗学”
コンサルティング現場のカラクリ
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「展望2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
セキュリティインシデント対応の現場
エンドポイントセキュリティの4つの「基礎」
企業セキュリティの歩き方
サイバーセキュリティ未来考
ネットワークセキュリティの要諦
セキュリティの論点
スペシャル
エンタープライズAIの隆盛
インシュアテックで変わる保険業界
顧客は勝手に育たない--MAツール導入の心得
「ひとり情シス」の本当のところ
ざっくり解決!SNS担当者お悩み相談室
生産性向上に効くビジネスITツール最前線
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft Inspire
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell Technologies World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
吉田行男「より賢く活用するためのOSS最新動向」
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
日本株展望
企業決算
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]