編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ
Dreamforce 2012

米セールスフォース、「企業向けDropbox」など多数の新サービスを発表

怒賀新也 (編集部)

2012-09-20 17:42

 サンフランシスコで年次ユーザーカンファレンス「Dreamforce 2012」を9月18日から開催している米Salesforce.comは、「企業向けDropbox」と表現するストレージサービスの「Chatterbox」をはじめ、多数の新サービス既存製品の機能強化を発表した。

 発表した新製品は、Chatterboxのほか、ソーシャルおよびモバイルの機能を実装した「Sales Cloud」、ソーシャルマーケティングの「Marketing Cloud」、人材管理の「Work.com」、Javaアプリケーション構築の「Heroku Enterprise for Java」、Salesforce Platform向け新サービスとして「Salesforce Identity」および「Salesforce Touch Platform Services」など多岐にわたる。

Chatterboxを発表
Chatterboxを発表

 このほか、ソーシャルコミュニティとソーシャルコンタクトセンターを結ぶ顧客サービス向け製品「Service Cloud」の機能を強化する「Chatter Communities for Service」を発表。Service Cloudのユーザーが、社内など閉ざされたソーシャルコミュニティの範囲で、他のユーザーや社内のエキスパートとつながれるようになる。

FacebookのCIO、ティム・カンポス氏
FacebookのCIO、ティム・カンポス氏

 新製品の中でも特に注目を集めているのがChatterboxだ。信頼性の面で企業利用を前提にしたSalesforceの環境の上で、ユーザーはデバイスの違いを気にせずに、現在使用しているビジネスアプリケーション内のファイルを顧客、パートナー、従業員とリアルタイムで管理、共有できるとしている。

 もう1つ注目を集めたのがWork.comだ。これは、Salesforce.comと米Workdayが新たに結んだパートナーシップにより実現したサービス。Work.comを導入することで、企業はソーシャル上で設定した目標に基づいて従業員の一体感をつくり、個人の仕事の状況をリアルタイムに把握し、報奨を与えるといった取り組みもできるという。これにより、従業員のモチベーションを高め、フィードバックと評価を適切に実施できるとしている。

 Work.com初のユーザーとしてFacebookが紹介された。CIO(最高情報責任者)を務めるティム・カンポス氏はFacebook社内では「フィードバックを特に大事にしている」と話した。

Facebook社内のシステム構成
Facebook社内のシステム構成

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]