編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

プライベートクラウドの利用率が2桁越え--IaaS/PaaSも上昇

田中好伸 (編集部)

2013-02-04 18:16

 矢野経済研究所が2月4日に発表した調査結果によると、2012年のプライベートクラウドの利用率は11.4%という。2010年が3.3%、2011年が3.8%と低迷していたが、今回初めて2桁を超えている。

 ここでのプライベートクラウドとは、自社のサーバを仮想化技術や自動化技術などで構築した環境を指しており、単なる共有サーバは該当しないと説明している。民間企業や自治体など572の法人にプライベートクラウドの利用率と関心を調査して、「利用中」が11.4%となっている。

 「検討中」が6.1%、「関心あり(情報収集段階)」が21.6%となっており、これらを合計すると39.1%が関心を持っていることになる。一方で「関心なし」が38.9%、「わからない」が22.0%となっている。ユーザー企業の中でも特に大手企業が積極的にプライベートクラウド化を進めており、今回の伸びにつながっていると分析している。

 IaaSとPaaSの利用率と関心を見ると、「利用中」が7.3%。「検討中」は4.3%、「関心あり(情報収集段階)」が19.8%となっており、合計した31.4%が関心を寄せていることになる。一方で「関心なし」が43.2%、「わからない」が26.4%となった。

 IaaS/PaaSを利用している企業や団体は、2010年の1.9%、2011年の2.5%と比較すると、今回の調査では7.3%と大きく利用率が上昇している。だが、その伸びは4.8ポイントにとどまり、展開としては順調とは言い難い結果になったと説明している。


プライベートクラウドの関心と利用率

IaaS/PaaSの関心と利用率

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    コスト削減&拡張性も、堅牢なセキュリティ&規制も同時に手に入れる方法、教えます

  2. 経営

    サブスクビジネスのカギはCX! ITIL準拠のツールをこう使え

  3. クラウドコンピューティング

    “偽クラウド”のERP使っていませんか?多くの企業のITリーダーの生の声から学ぶ

  4. クラウドコンピューティング

    RPA本格展開のカギは?「RPA導入実態調査レポート」が示す活用の道筋

  5. セキュリティ

    RPA導入時に見落とされがちな“エンタープライズレベルのセキュリティ”を紐解く

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]