IBM、「Power Systems」などハード新製品--IT基盤戦略策定支援などを推進

大河原克行 2013年02月06日 15時25分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本アイ・ビー・エム(IBM)は2月6日、2013年のハードウェア事業戦略を発表。UNIXサーバ「Power Systems」やIAサーバ「System x」、スイッチ「System Networking」、ストレージ「System Storage」、運用管理系ソフトウェア「Technical Computing」の各製品を発表。プライベートクラウド環境にストレージ基盤を統合するソフトウェア「IBM SmarterCloud Storage Access(SCSA)」も発表した。

 今回発表した製品群は、クラウド、データ、セキュリティの3つを主軸とした同社ITインフラビジョン「スマーター・コンピューティング」を支える製品群と位置付けている。

 Power Systemsでは、RISCプロセッサ「POWER7+」を搭載したエントリモデルとミッドレンジモデルを投入、中規模ビジネス向けの「IBM Power 760」(税別最小構成価格:774万5800円、3月15日から出荷)、OSをLinuxに限定した「IBM PowerLinux 7R1」(税別最小構成価格:97万7200円、2月20日から出荷)をはじめとした8製品をラインアップした。同社のシステム製品事業パワーシステム事業部事業部長の皆木宏介氏が以下のように説明している。


皆木宏介氏

伊東成倫氏
  • RISCプロセッサ「POWER」の経緯

  • POWER7+を搭載するハードウェア

  • UNIX OS「AIX」とPOWERの組み合わせは50%以上のシェアを獲得しているという

 「2012年10月に発売したハイエンドモデルに続いて、ラインアップを拡張し、フルラインアップが整うことになる。今回の新製品は、POWER7+のミドルレンジ向けデュアルチップモジュールを搭載しており、(富士通のRISCプロセッサ)“SPARC64 X”と比較しても2倍の高速化を実現する一方、集約可能な仮想サーバは960区画とし、拡張性を6倍に広げている。大量のサーバをより効率よく集約できるため、コア課金のソフトウェアにおいて費用削減などが可能になる。“PowerLinux 7R2”のサーバ価格は158万1500円。同等性能を持つ富士通の(IAサーバ)“PRIMERGY”よりも低価格となっており、Linuxを使用しているx86ユーザーに対する新たな選択肢を提供できる」

 システム製品事業テクニカル・スペシャリストの伊東成倫氏は、「x86サーバでは、台数増加と利用率の低下、頻繁なシステム障害が課題となっており、管理コストと運用負荷が増大している」と現状の課題を説明。新製品がもたらすメリットをこう強調している。

 「Power Systemsでは、拡張性、柔軟性によるITインフラ効率の追求、セキュリティやRAS(信頼性、可用性、保守性)デザインなどによるITインフラの可用性の追求、エネルギーの最適化といった特徴を持つ。未起動プロセッサの起動によるシステムの増強、仮想サーバへの動的なシステム資源の追加や削除、移動などが可能になり、細かい粒度での仮想サーバの構成を可能にできる。ファームウェアレベルでの仮想化実装で脆弱性に関する報告はゼロであり、ミッションクリティカルなシステムにも最適である」

 同社によると、世界のUNIXサーバ市場では50%以上のシェアを獲得。国内のUNIX OS別出荷金額シェアでも、46%でトップシェアを獲得しているという。

 System xでは、NVIDIA GPGPUカードや補助処理装置(コプロセッサ)の「Xeon Phi」を搭載できる「IBM System x iDataPlex dx360 M4 Refresh 2」、中小規模ビジネスに向けたインメモリデータベース「SAP HANA」に対応した「IBM Systems Solutions for SAP HANA」を発売している。

 System Networkingでは、データセンター向けに設計され、異機種混在環境での相互運用性を考慮した10Gbps/40Gbpsスイッチの「IBM System Networking RackSwitch G8264T」などを発売。System Storageでは、10GbEによるiSCSI処理を高速化し、従来製品に比べ最大5倍に性能を向上させた「IBM XIV Storage System Gen 3 model 214」などを投入している。

 Technical Computingでは、インテリジェントなジョブスケジューリングをはじめ、クラスタ管理、ワークフロー管理などのアドオン製品の機能拡張により、分散したテクニカルコンピューティング環境とワークロード管理を実現するソフトウェア「IBM Platform LSF Family v9.1.1」などを提供する。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

連載

CIO
シェアリングエコノミーの衝撃
デジタル“失敗学”
コンサルティング現場のカラクリ
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「展望2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
エンドポイントセキュリティの4つの「基礎」
企業セキュリティの歩き方
サイバーセキュリティ未来考
ネットワークセキュリティの要諦
セキュリティの論点
スペシャル
エンタープライズAIの隆盛
インシュアテックで変わる保険業界
顧客は勝手に育たない--MAツール導入の心得
「ひとり情シス」の本当のところ
ざっくり解決!SNS担当者お悩み相談室
生産性向上に効くビジネスITツール最前線
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell Technologies World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
吉田行男「より賢く活用するためのOSS最新動向」
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
日本株展望
企業決算
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]