中国と朝鮮半島を揺るがす核と伝染病--IT業界はどうなる?

Jason Perlow (ZDNET.com) 翻訳校正: 村上雅章 野崎裕子

2013-04-19 07:30

 われわれは極めて脆弱な世界に住んでいる。例えばわれわれは、ありとあらゆるテクノロジのコンシューマーとして、アジアにおける2つの経済産業大国、つまり中国と韓国の健全性に大きく依存している。

 中華人民共和国は、コンシューマー向け電子機器のみならず、世界中の業務用や企業向けのコンピュータ機器の製造も請け負っている最大の委託先である。


 鴻海精密工業、あるいはFoxconnという名前を聞いたことのある人も多いだろう。同社は中国国内の9都市に13の工場を構え、IBMやHewlett-Packard(HP)をはじめとするさまざまな企業の製品や、Microsoftやソニー、任天堂のゲームコンソールを生み出す巨大なパイプラインとなっていることは言うに及ばず、Appleの「iPhone」や「iPad」の最終組み立てを請け負っている大手製造企業である。

 Foxconnの取引先は他にも数多く、枚挙にいとまがないほどだ。

 そして中国に製造拠点を置いている企業はFoxconnだけではない。独立系としては世界最大のコンピュータチップ製造企業である台湾のTSMCを含め、かなりの数の大手企業がある。

 TSMCは台湾と中国、シンガポールに工場を構え、スマートフォンやさまざまなタブレットに搭載されるシステムオンチップ(SoC)の製造を得意としており、Appleの「iOS」機器で用いられるSoCである「Aシリーズ」の主要製造企業の候補にも挙がっている。

 また、シンガポールに製造拠点を置くGLOBALFOUNDRIESも、Advanced Micro Devices(AMD)やQualcomm、Broadcom、STMicroelectronicsを主要顧客とする有名な半導体企業である。

 これ以外にも、SSDやモバイル機器で使用されるフラッシュメモリや、DRAMのほか、ありとあらゆるコンシューマー向けやビジネス向けの応用分野で用いられる制御用ASICの製造に特化した企業がある。

 まとめると、中国語が話されているこれら3つの国によって、世界中で使われている数多くのテクノロジ製品の製造を引き受ける重要な三角形ができあがっているのである。しかし、これで話が終わったわけではない。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]