編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

NTT Com、企業向けクラウドで移行サービス--SDNでIPアドレス変更作業を軽減

田中好伸 (編集部)

2013-06-27 18:58

 NTTコミュニケーションズ(NTT Com)は6月27日、企業向けプライベートクラウドサービス「Bizホスティング Enterprise Cloud」とユーザー企業のオンプレミスのシステムをネット経由で接続し、クラウドに移行させるサービス「オンプレミス接続サービス」を発表した。税別価格は初期費用が22万円、利用料金が1日あたり1万800円(月額上限で22万3000円)。6月28日から提供する。

 オンプレミスの環境をクラウドに移行するには、サーバやデータを外部記憶装置やネットワークを経由して移行しなければならない。クラウドへの移行では、ネットワーク機器などの設定変更に加え、サーバやクライアントでの接続先IPアドレスの設定も変える必要があり、厖大な作業にならざるを得ない。

 今回のオンプレミス接続サービスは、SDN(Software-Defined Networking)を活用して、現在利用しているIPアドレスをそのままでも利用できるというもの。SDNに対応するゲートウェイ装置をユーザー企業側に設置し、オンプレミスとクラウドを同一のネットワークセグメントで接続する。

 オンプレミス環境のネットワークの設計、設定の作業を軽減できるという。オンプレミスのサーバに付与されていたIPアドレスを移行先のクラウドでもそのまま利用できることから、サーバの設定変更などの作業も軽減できるとしている。

 データ通信は最大100Mbpsで暗号化される。ユーザー企業がすでに契約しているネット接続回線を利用する場合は、新しいネットワークを構築する必要はない。


ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]