編集部からのお知らせ
SNS分析のトレンドまとめ
注目「Googleのクラウド事業を読み解く」

オラクル、中堅向けERP「JD Edwards EntepriseOne」にインメモリ版

怒賀新也 (編集部)

2013-07-16 19:33

 日本オラクルは7月16日、中堅企業向けERP「JD Edwards EnterpriseOne」のインメモリアプリケーションを同日から提供すると発表した。ソフトウェアとハードウェアを一体化した「垂直統合型システム」を基盤に、価格情報や過去の受注情報といったデータをリアルタイムで処理し、売り上げや利益額の増加や効率的なプロジェクト管理の実施を支援する。

 新製品はシステム基盤として、データベース専用機「Oracle Exadata」とアプリケーションサーバ専用機「Oracle Exalogic Elastic Cloud」を採用した。これにより、従来は時間のかかるバッチなどで集計、分析していた処理を、インメモリ技術によってリアルタイムで処理できるという。

 アプリケーションを構成する製品は2種類。「JD Edwards EnterpriseOne In-Memory Sales Advisor」と「JD Edwards EnterpriseOne In-Memory Project Portfolio Management」だ。

 前者は、受注情報や利益率、取引量に応じた製品単価といった情報を即時に提供する。これにより、既存顧客へのアップセルを仕掛けられるという。取引数量別単価の推奨情報、受注全体や個別受注単位での利益率といった情報も提供する。

 後者は、プロジェクトマネージャーや意思決定者が、プロジェクトのコストや利益などの財務状況を迅速に把握するための情報を提供する。企業が取り組むすべてのプロジェクト情報を一元的に集計し、分析できるという。また、契約や請求などの情報とプロジェクト情報を連携し、プロジェクト別の財務状況を一元管理できるとしている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]