編集部からのお知らせ
SNS分析のトレンドまとめ
注目「Googleのクラウド事業を読み解く」

CAE市場は国内外とも年6~9%程度成長と予測--矢野経済研究所

山田竜司 (編集部)

2013-08-05 19:00

 矢野経済研究所は8月5日、国内および海外におけるCAE(Computer Aided Engineering)市場規模について調査結果を発表した。同研究所はCAEの市場に関して国内外とも6~9%程度、堅調に成長すると予測した。

 CAE(Computer Aided Engineering)とは、コンピュータにより製品の設計や開発工程を支援するという概念であり、それを実現するためのツールとして、強度や流体における抵抗などの特性を計算するさまざまな解析システムを指す。


CAE世界市場規模推移、予測

 2012年のCAEの世界市場規模は、前年比10.2%増となる2653百万米ドル(事業者売上高ベース)だった。今後も成長傾向にあり、2017年の同市場規模は4100百万米ドルになると予測する。

 このような成長を予測する根拠として矢野経済研究所は「米国経済が比較的堅調に推移していることなどにより製造業の設備投資が回復し、CAE世界市場も順調に推移したとみることができる」とした。

 矢野経済研究所はCAE世界市場に関して、2013年以降も年平均成長率9%前後成長するものの、成長率は鈍化すると予測する。その要因として、中国の経済成長の鈍化や、長引く欧州経済の落ち込みにより、製造業の業績回復が限定されることが挙げられるという。さらに、CAE世界市場においてウェイトの大きい分野である構造解析や熱流体解析は成熟分野であり、それに代わるほど高い伸びを達成する分野が出ていないことなどを挙げた。


CAE国内市場規模推移、予測

 2012年のCAE日本市場規模は、前年比7.1%増である598億円(事業者売上高ベース)であった。その後も年6%程度成長を続け、2017年の同市場規模は810億円になると予測した。また、日本市場に関して、2011年の東日本大震災および円高、世界経済の減速などにより国内製造業の設備投資も減速し、日本国内におけるCAE市場の回復は全世界よりもペースが遅い状況にあるとした。

 矢野経済研究所は、「現在、市場が円安傾向かつ、世界経済も回復基調であることから、日本国内の製造業の設備投資も回復傾向であり、CAE日本市場は、今後も緩やかな成長を続ける」と予測している。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    マンガで解説、移行済みの担当者にも役立つ! Windows10移行&運用ガイド

  2. クラウドコンピューティング

    カギは物理世界とクラウドの接続あり!成果が出やすいIoT活用のアプローチを知る

  3. クラウドコンピューティング

    IoTにはこれだけのサイバー攻撃リスクが!まずはベストプラクティスの習得を

  4. セキュリティ

    エンドポイントの脅威対策をワンストップで提供 現場の負荷を軽減する運用サービス活用のススメ

  5. クラウドコンピューティング

    家庭向けIoT製品の普及とともに拡大するセキュリティとプライバシー問題─解決策を知ろう

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]