編集部からのお知らせ
新着記事まとめPDF「データサイエンティスト」
ZDNet Summit 2021開催のご案内

デジタル化が変える購買行動--アクセンチュアが消費財メーカーに訴える経営モデルの変革 - (page 5)

田中好伸 (編集部) Emi KAMINO

2013-08-13 08:00

 閉鎖的な流通の仕組みや国を守るための厳しい規制、消費者の嗜好性などいろいろな理由があります。

 しかし、デジタル化の潮流の中では当然、世界は国ごとに守られるようなことはありません。マーケティングでは、国の隔たりがなくなってきます。そうすると企業は当然、日本という守られた市場にも商品をアピールしやすくなってきますし、国内市場で大きなシェアを占める日本の消費財メーカーにとっては脅威となるでしょう。

 一方でこうした状況は日本のメーカーにとっては国外の市場で成功するためのチャンスでもあります。苦境に立たされる部分とチャンスでもあるという両面があるのです。日本の企業がグローバル企業に負けない強い経営体質を作り上げるチャンスですが、そのためには変革に対する強い決意というのが必要です。


――日本の消費財メーカーは技術力もシステムの能力もあると思うが、要するに経営の仕組みを変えれば、もっと大きくなるということなのか。

 おそらく日本には、今までどうしても迫られてやらなければならないという切迫感がなかったのだと思います。欧州の場合は、国が細分化されるということがあり、どうしても地域に対応したサプライチェーンモデルを進めていかなければならないという実状がありました。北米の場合も株主に企業成長を迫られ、なんとか成長させるという経営モデルに転換していく必要がありました。

 これまで、日本にはそういった変革を求められるような喫緊の課題がなく、しかも市場は比較的守られてきました。そういう意味では流通チャネルの仕組みにも理由があったのかもしれません。そして何よりも、これまでは日本経済は相対的に健全でした。しかし、今やグローバルなハイパフォーマンス企業との競争にさらされており、デジタル化が進むことで大きな変革を迫られています。

 そして高齢化などの人口構造の変化により国内のマーケットが縮小しつつある中、スピード感を持って変革を実行することが求められています。もはや選択の余地はありません。Accentureは、このような変革の波がここ数年で日本の消費財メーカーにも起こり、飛躍するチャンスとなることを期待しています。また、多くの日本の消費財企業がデジタル化する市場の中で成長し、高いパフォーマンスを発揮し続けられるように支援し、こうした企業のパートナーとしてともに変革を実現していきたいと考えています。

Keep up with ZDNet Japan
ZDNet JapanはFacebookページTwitterRSSNewsletter(メールマガジン)でも情報を配信しています。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]