日本での個人向けVPNサービスに手応え--ソースネクストと協業した米アンカーフリー

岡田靖 怒賀新也 (編集部) 2013年12月05日 07時30分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(編集部注:次回記事が公開されたときにメールで通知を受け取る方はこちらからご登録ください。)

 米国のAnchorFreeは、コンシューマー向けVPN(Virtual Private Network:仮想プライベートネットワーク)サービス「Hotspot Shield」の開発、販売を手掛ける。これまでに全世界でダウンロード1億7500万件以上という人気ツールで、10月17日には日本語版が「Wi-Fi セキュリティ powered by Hotspot Shield」としてソースネクストから発売されている。来日した同社最高経営責任者(CEO)のDavid Gorodyansky氏に話を聞いた。

VPNを個人ユーザーが手軽に使えるようにしたサービス


米国AnchorFree CEO David Gorodyansky氏

 Hotspot Shieldは、専用のソフトウェアを端末にインストールして利用するサービスだ。AnchorFreeが運用するサーバと端末との間はVPN接続で結ばれ、流れるデータを自動的に暗号化、ユーザーのIPアドレスなども匿名化されるようになる。

 例えば、公衆無線LANのアクセスポイントはセキュリティが万全とは限らず、時に第三者による通信内容の盗聴などのリスクがあるが、暗号化することで安全性を高められる。またIPアドレスを匿名化することにより、掲示板やSNSサービスなどでユーザーの位置情報を特定されにくくする効果もある(もちろん、投稿した写真、あるいは書き込んだ単語や文章などから個人情報を類推される可能性は残る)。

 このようなネットワーク経路に関するセキュリティは、ウイルス対策ソフトなど既存の商品があまりカバーしていなかった分野だ。VPNはエンタープライズでなら既に広く用いられている技術だが、個人レベルで使うには少々ハードルの高いものだった。また一方で、インターネットの接続に自宅の固定回線を使うのみのユーザーにとっても、あまり大きなメリットはなかった。LAN内にマルウェアが仕込まれているなどしなければ盗聴のリスクは低く、また多くの場合、固定回線のIPアドレス情報からは大まかな地域くらいまでしか把握できないからである。

 しかし近年、モバイル端末が普及し、多くの人たちが公衆無線LANサービスを利用するようになってくると、事情が変わってきた。セキュリティの甘いアクセスポイントで通信内容を盗聴されたり、場合によっては最初から盗聴を目的としてアクセスポイントを仕掛けるような手口も報告されている。

 また、周囲にある無線LANアクセスポイント名から端末の位置を割り出す技術が登場し、ユーザーにとっては現在位置を把握しやすくなった反面、SNSなどさまざまなサービスが、ほとんどユーザーに意識されないまま、端末位置情報を利用するようになってきた。利用したサービスを通じて位置情報が別のユーザーに把握されれば、当然ながら事件などに巻き込まれる危険も高まる。

 こうした状況に対し、個人ユーザーにもVPNを手軽に利用できるようにしたのがHotspot Shieldだ。ほとんどユーザーが手を触れることなく、VPNによるセキュリティやプライバシー保護を得ることが可能で、「VPNとは何かを意識せず使っているユーザーも多い」と、Gorodyansky氏は説明する。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
ハードから読み解くITトレンド放談
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
研究現場から見たAI
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
内製化とユーザー体験の関係
米ZDNet編集長Larryの独り言
今週の明言
「プロジェクトマネジメント」の解き方
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
Fintechの正体
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
情報通信技術の新しい使い方
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
通信のゆくえを追う
セキュリティ
企業セキュリティの歩き方
サイバーセキュリティ未来考
セキュリティの論点
ネットワークセキュリティ
スペシャル
Gartner Symposium
企業決算
ソフトウェア開発パラダイムの進化
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
CSIRT座談会--バンダイナムコや大成建設、DeNAに聞く
創造的破壊を--次世代SIer座談会
「SD-WAN」の現在
展望2017
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
さとうなおきの「週刊Azureなう」
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
中国ビジネス四方山話
より賢く活用するためのOSS最新動向
「Windows 10」法人導入の手引き
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
実践ビッグデータ
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化