編集部からのお知らせ
スタート直前の5Gをチェック!
PickUp! オンラインストレージの進化と課題

東京理科大、経営管理システムを構築

NO BUDGET

2014-01-08 16:51

 東京理科大学は、経営管理システムの構築にあたりOracleの経営管理アプリケーション「Oracle Hyperion Strategic Finance」と「Oracle Hyperion Planning」を、日本国内の大学で初めて採用した。日本オラクルが1月8日に発表した。

 東京理科大は「日本の理科大から世界の理科大」を目指しており、中長期の経営重点方針として、これからの社会と市場のニーズに応える教育の実現、実力ある学生を継続的に社会に輩出、および教育と研究の国際化を掲げている。その方針を確実に実行するためには、中長期計画、予算・経営分析業務を緻密かつ正確に実施しながら、安定した財務体質を保つことが求められ、グローバルスタンダードを重視し、経営管理システムの構築を決定したとのこと。

 経営管理システムには、Hyperion Strategic Financeが中長期的な経営計画とシナリオ分析のために、またHyperion Planningが予算編成など管理会計のために、それぞれ採用された。これらの製品の採用は、日本国内の大学としては初めてだが、海外の大学での豊富な活用実績や、環境の変化に合わせてシステム要件の変更ができる柔軟性などを評価したという。

 今後は、この経営管理システムを用い、経営計画における精緻な数値によるシミュレーションの実行、学部別損益などの経営情報の可視化、予算編成の迅速化と短縮化、予算と実績の適時適切な把握などをしていく。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]