編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

ネットワーク管理ソフト「Anuta nCloudX」新版--OpenStackにも対応

田中好伸 (編集部)

2014-01-15 17:04

 ネットワールドは1月15日、ネットワーク管理ソフトウェアの新版「Anuta nCloudX 2.0」の販売を開始した。税別の販売価格は月額でポートプロファイルごとに3500円となっている。IaaS事業者のほかに大規模なネットワークを運用している企業にも販売することを想定している。

 米Anuta Networksが開発するnCloudXは、スイッチやルータ、負荷分散機器(ロードバランサ)、ファイアウォールなどの既存のネットワーク機器をそのまま活用できるのが特徴という。グラフィカルな画面の上でネットワーク機器のアイコンでネットワークを設計してカタログ化する。ユーザーは、RESTful APIでカタログから選んだサービスを指定すると、指定されたサービスを構成するネットワーク機器の設定をnCloudXが自動的に実行する。

 nCloudXは、「Network Service Design」「Network Service Orchestration」「Network Service Management」「Network Abstraction」という4つのエンジンとコントローラで構成される。ネットワーク機器を自動的に探索し、トポロジーをマッピング、ネットワークサービスのデザインを経て、ネットワークサービスのカタログを容易に作成できるという。ユーザーがネットワークサービスを選んで利用を開始した後は、キャパシティ管理などの運用管理支援機能も搭載している。標準規格の「OpenFlow」に対応することも可能としている。

 新版のnCloudX 2.0では、サポートするクラウド基盤ソフトウェアとして従来の「VMware vCloud Director」「Microsoft System Center Virtual Machine Manager」のほかにオープンソースソフトウェア(OSS)の「OpenStack」、その商用版となる「CloudStack」。新たにサポートするネットワーク機器は「Juniper SRX」「BIG-IP Local Traffice Manager」「VIPRION」「Brocade MLX/VDX」となっている。

 新版では、テンプレートスクリプト機能が搭載されている。新しいスイッチの追加、スイッチの新設や初期構成時にスクリプトが実行されて、ネットワークが自動で構成されるというものだ。IPアドレスをプールグループとして管理する機能も搭載している。

 論理的なネットワーク構成図やセキュリティポリシー、QoSポリシーをユーザーが選択、管理者が申請されたネットワークサービスを承認するとネットワークが自動的に構成されるようになっている。ロードバランサの仮想ホストなどサービスを動的に変更することもできるようになっている。

 ネットワールドは、2013年に開設したシステム検証センター、製品の出荷前に稼働を検証するプリインテグレーションセンターでnCloudXを利用できるようにし、両施設で機能や効果を実証するようにしている。価格体系は、ポートプロファイルごとの月額がベースだが、永続ライセンスなども考慮されており、ビジネスモデルにあわせて柔軟に対応できるとしている。


nCloudX 2.0の構成イメージ(ネットワールド提供)

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]