編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

IBM、フラッシュストレージ「FlashSystem」に新製品--専用のパートナー支援も

大河原克行

2014-01-24 15:30

 日本IBMは1月24日、フラッシュストレージの新製品「IBM FlashSystem 840」を発表。税別価格は4Tバイト、シングルRAID、1年保証による製品構成で1576万円となっている。あわせてIBMパートナープログラム「IBM Flashパートナーズ」を展開することを発表した。

 FlashSystem 840は、I/O処理性能を従来モデルの2倍となる110万FLOPSとし、基幹業務向けに信頼性を高めたのが特徴。ひとつの筐体に最大48Tバイトのストレージを搭載可能で、インターフェースには40GビットのQDR InfiniBandに加え、1秒あたり16Gビット対応のファイバーチャネルと10GビットFCoEを追加。ストレージI/Oのボトルネックを解消し、システム全体を高速化することで、データのリアルタイム分析や高い密度でのサーバ集約が可能としている。

  • 縦と横の2次元で構築する2D RAID

  • FlashSystem 840(大企業向け)の構造

 フラッシュモジュール単位で構成されるRAIDに加えて、モジュールをまたがったRAIDを構成する“2D(二次元)RAID”で可用性を向上させる。コンポーネントの冗長化とホットスワップ対応でビジネスを止めずにメンテナンスできるという。

 フラッシュのチップに障害が発生した際には、自動的に性能とストレージのキャパシティを調節し、システムの停止時間を削減する「IBM Variable Strip RAID」技術を採用することで、I/O性能を保ちながら、可用性を向上させられるとしている。

 コンカレント・コード・ロード機能でシステムを停止することなく、コードを入れ替えでき、これらの機能でデータベースサーバや仮想化基盤、クラウド基盤などシステム停止が許されない業務に適しているとした。金融業界の要望に対応するため、「AES-XTS」の256ビットの暗号化に対応し、フラッシュストレージに保存されているデータを高いセキュリティ環境で保護できるという。

佐野正和氏
日本IBM システム製品事業本部 ストレージセールス事業部ストレージ・ソリューション・エバンジェリスト 佐野正和氏
波多野敦氏
日本IBM システム製品事業本部 ストレージセールス事業部 事業部長 波多野敦氏

 日本IBM システム製品事業本部 ストレージセールス事業部 ストレージ・ソリューション・エバンジェリストの佐野正和氏は「FlashSystem 840はレーシングカー並の性能を追求した製品であり、高速性の追求、構成選択の柔軟性、保守の容易性を強化したほか、ネットワーク接続性強化のニーズへの対応を図っている」と説明した。

データがITの中心に

 日本IBM システム製品事業本部ストレージセールス事業部 事業部長 波多野敦氏は「この15年で世界で利用されるデータは、30倍に増加している。このデータを生かして日々のビジネスにどう生かしていくかが課題となっており、データがITの中心になっている。ストレージはデータを保管する装置から脱却し、データが持つ価値を支えるための最適化が求められる製品になっている」と現在の状況を解説した。

 波多野氏は「フラッシュストレージには堅牢性や可用性のほか、瞬時の意思決定に生かすための鮮度が求められ、柔軟性を持ったアーテキクチャが必要とされている」と説明し、こう続けた。

 「IBMはフラッシュテクノロジに3年間で1000億円を投資。FlashSystemを専門に扱う組織を新たに編成している。2013年4月にFlashSystemを発売して以来、四半期ごとに販売台数が倍増する勢いとなっている。そうした中で高まってきたのが、エンタープライズの中核に利用する際に堅牢性や保守性を求める声。それに応えたのが今回のFlashSystem 840になる」(波多野氏)

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?

  2. クラウドコンピューティング

    【IDC調査】2026年には75%のアプリがAIを実装!導入で遅れた企業はどう“逆転”すべきか?

  3. 運用管理

    経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?

  4. 運用管理

    AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法

  5. windows-server

    【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]