編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

有能なITスタッフに業務を「人質」にされないために

Mary Shacklett (Special to TechRepublic) 翻訳校正: 石橋啓一郎

2014-04-02 07:30

 あらゆるIT部門は、データベース、通信、特定のアプリケーション、専用システムなどの技術の専門家を抱えている。

 こういった人材は、時とともにスキルを磨いていき、問題解決に優れ、新しいITプロジェクトに対しても有益なアドバイスができる存在になる。

 これらの人たちは、IT関係のキャリアの初期に、自分が管理職に向いていないことを認識して、それ以外の昇進の道や給料を上げる方法を得るために、技術的なスキルを磨いている場合も多い。

 こういった専門家のうち、最高水準の人材は、年収が米ドルで6桁に達し、上司よりも年収が高いこともある。

 しかし、IT部門の方向転換や組織再編で、こういった専門家が自分の地位が脅かされていると感じたら何が起こるだろうか?組織がその個人に大きく依存していた場合、そのことを人質に取られる可能性はあるだろうか。また、もし人質に取られたら、どうすればいいのだろうか。

 第1に、こういった状況に対する最善の対抗手段は、組織内でオープンかつ協力的で、コミュニケーションが取りやすい文化を育むことだ。組織がレイオフのさなかにあり、閉鎖的な打ち合わせが常に行われているようでは、経験を積んだ技術者でさえ安心を感じられない。技術者と管理職の間に距離があれば、組織での地位を守るために役に立つのは、自分の知識だけだと感じるだろう。従って、人員を削減する必要のあるITマネージャは、できる限りオープンな雰囲気を保ちつつ、影響を受けるスタッフに対しては転職先の斡旋(あるいは社内の配置転換)を提示すべきだろう。

 第2に、必要不可欠な従業員が労務提供できなくなった場合に備えて、災害復旧計画のリスク管理の一部として、管理職とスタッフの技術を引き継ぐための計画を含めるべきだ。クロストレーニングや、「代理」教育のシステムを設け、すべてのIT部門の役職には、CIOを含めてすべてバックアップを作るようにすべきだろう。クロストレーニングと代理業務が日常的な活動の一部に統合され、CIO以下のすべてのスタッフに一律に適用されていれば、専門スタッフが心配することもないだろう。

 第3に、重要なITスタッフが非協力的な態度になり、自分の知識に執着するようになった場合は、「歯を食いしばって耐える」ことだ。この協力関係の欠如は、部門全体の仕事に影響を与える可能性がある。CIOを含めて、IT部門がなすべき仕事を邪魔する者があってはならない。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]