編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

いちよし証券、データウェアハウス専用DB「InfiniDB」で分析基盤を刷新

NO BUDGET

2014-04-22 17:26

 いちよし証券は商品や顧客のデータ分析用データウェアハウス(DWH)基盤をDWH専用データベース「InfiniDB」で刷新することを決めた。アシストが4月22日に発表した。

 いちよし証券は、顧客ニーズにあわせた金融商品やサービスの提案に力を入れている。早くからDWHを導入し、約6000万件の取引データや40万件の顧客データなどを分析、戦略的な商品やサービスの開発、販売推進などに活用してきた。

 既存のDWH基盤に使っているリレーショナルデータベース(RDBMS)では検索処理に時間がかかるようになり、性能を改善するためのチューニングや夜間バッチでも期待した結果には至らず、むしろ開発や運用のコストが増大してしまうという課題を抱えていた。

 今後、データ量が増加し、それに伴うシステム拡張の必然性が考えられることから抜本的な改善が必要と判断した。高速なデータ分析処理に重点を置き、DWH構築に適したデータベースを比較し、性能だけでなくメンテナンスや運用コストなどを考慮して、バランスの取れたInfiniDBの導入を2013年6月に決定した。

 InfiniDBは列指向型のデータベース。優れたデータ圧縮率に加え、インデックスが不要でも極限までI/Oを削減できるという。高速かつ安定した性能であり、スケールアップ型でもスケールアウト型でもリニアに性能を向上できるという。これまでDWH専用アプライアンスが得意とした大量データの分析をより低コストで実現するとしている。

 いちよし証券では、新しいDWHシステムのカットオーバーを予定しており、現在、部署ごとにサイロ化しているシステムやデータの統合を進めている。新システムのカットオーバー後は、正確かつ迅速な情報解析や意思決定の基盤として活用していく。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]