編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

オラクル、垂直統合型IaaS基盤「VCA」新版--8コアXeon搭載サーバを活用

NO BUDGET

2014-05-09 08:00

 日本オラクルは5月8日、IaaS基盤向け垂直統合型システム製品の新版「Oracle Virtual Compute Appliance(VCA) X4-2」の提供を開始した。最新のサーバを搭載することで性能が前世代に比べ18%向上しているという。

 VCAは、サーバやストレージなどのハードウェアの上にOSやハイパーバイザなどのソフトウェアを作り込んでおり、仮想化環境の基盤となる。プライベートクラウドでIaaS環境を提供する。ユーザー企業は電源を入れてから約1時間で本番環境を準備し、テンプレートに基づいて仮想マシンを数分で実行できるとしている。

X4-2
Virtual Compute Appliance X4-2

 新版となるVCA X4-2では、サーバに8コアのXeonプロセッサを搭載した「Sun Server X4-2」、ハイパーバイザ「Oracle VM」、NASストレージに「Oracle ZFS Storage Appliance ZS3」シリーズ、仮想ネットワーク製品群「Oracle Virtual Networking」の仮想化コントローラ「Oracle Fabric Interconnect」と管理ソフトウェア「Oracle SDN」などで構成されている。

 クラウド環境を設定、管理するツール「Oracle Virtual Assembly Builder」で複数レイヤにわたるシステム全体の仮想マシン群を簡単に作成、構成する。テストと構成が事前に行われた参照構成「Oracle VM Templates」を標準でサポートする。

 OSとして「Oracle Solaris」「Oracle Linux」に加え、そのほかのLinuxディストリビューションや「Windows」も同時に動作できる。それらの上で稼働するデータベースなどのミドルウェア、業務アプリケーションなどに必要なコンポーネント全体を迅速に展開できるという。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]