編集部からのお知らせ
EDRの記事まとめダウンロードはこちら
電子契約の記事まとめDLはこちら

起業への覚悟と準備ができていない人の5つの特徴 - (page 2)

Conner Forrest (TechRepublic) 翻訳校正: 村上雅章 野崎裕子

2014-06-13 07:30

#2:給与に依存している

 Sun氏は、「起業したがっている友人すべてに尋ねる最初の質問には『6カ月間給与無しで過ごす覚悟はあるか?』というものもある」と述べている。

 Sun氏の見方は受け入れにくいが、現実的である。また、給与無しを覚悟すべき期間は6カ月より長いと考えている創業者もいる。UniKey TechnologiesのPhil Dumas氏は、2年間無給で過ごせるだけの十分な貯金ができるまで待ったうえ、最終的に自らの給与を支払えるようになるまでに2年半かかったという。

 創業者として、特に従業員を抱えている場合、あなたのお金は自らのものになる前に従業員のものになる。Sun氏によると、これはシードラウンドのような資金調達の初期段階で資金を集めている場合、特に言えることだという。シードやエンジェルとなる投資家が創業間もない会社に投資している場合、彼らはおそらくあなた自身が給与を手にすることに嫌悪感を示すはずだ。

 Mahdara氏によると、起業しようという人は、自らの給与に関する心配のみを拭い去れればよいというわけではないという。

 Mahdara氏は「誰かが健康保険に加入できるかどうか心配だと言ってきた場合、その人は起業家ではないと明確に判断できる。これはおかしな言葉に聞こえるかもしれないが、会社を興そうという場合には、こういった心配は首をもたげてこないものなのだ」と語っている。

 また、給与を諦める意思があるだけでなく、学ぶ覚悟もできていなければならない。

#3:新たな役割を学ぶ気がない

 あまりにも多くの起業家が、自らの持つスキルセットを利用できるという前提を置いて会社を興そうとする。もしも開発者のスキルだけで、あるいは営業のスキルだけで会社を興せると考えているのであれば、すぐに厳しい現実に直面するはずだ。

 Sun氏は「起業家になる覚悟ができていないもう1つのサインは、自らの機能的専門分野にとどまり、自らの知らないことを任せられる人材を雇用しようと考えているかどうかだ」と述べるとともに、「つまり起業家は、多くのことがらを単に一般的なレベルにとどまらずに実行していくという必要があるのは明らかなのだ。どのことがらも極めて上手にこなさなければならない」と語っている。

 創業者は、自らが行うことと、そのやり方を知っていなければならない。新興企業は得てして人材を雇用したり、誰かを特定の作業に従事させられるという保証のないような不安定な環境を伴う。このため、必要に応じて自らがその役割を全うし、作業を完遂させるという心づもりをしておかなければならない。

 Hogg氏は起業家の卵の覚悟を見極めるために一連の質問を投げかけるそうだが、それらに答えを返すには「さまざまな対象についての幅広い考えと、ゼネラリストとして成功する能力が必要」なのだという。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 開発

    IT部門責任者が理解すべき「コンテナとKubernetes」の基礎を網羅

  2. コミュニケーション

    Zoomなどオンライン商談による「ちょっとだけ打ち合わせ」の威力とは?新しい売り方の教科書が登場!

  3. クラウドコンピューティング

    データ活用のためのハイブリッドクラウド基盤構築-データプラットフォームに求められる12の要件

  4. 経営

    脱パスワード 不便と不安を取り除くSSO-メリットと導入方法、ADやM365との連携を解説

  5. コミュニケーション

    事例:9割の業務の段取りを効率化、個人スキル依存から脱却したDFE社のタスク管理改善術

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]