増える電子ゴミはどこへ行く--知っておくべき10の深刻な事実

Lyndsey Gilpin (TechRepublic) 翻訳校正: 村上雅章 野崎裕子 2014年06月27日 07時30分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 われわれの携帯電話やノートPCは廃棄された後、どうなるのだろうか?本記事では、電子機器廃棄物に関して広がりつつある問題を知り、こういった廃棄物の正しいリサイクル方法について考えるための10のものごとを解説する。


ケーブル類や電子機器廃棄物に埋もれて座る中国の子ども(中国広東省貴嶼(グイユ)にて)
提供:Natalie Behring-Chisholm/Wikimedia Commons

 2013年、国連は世界の電子機器廃棄物が5年後に33%増加し、4億9700万トンから6億5400万トンになると報告した。これは重量にしてエンパイアステートビルの200倍、またギザの大ピラミッドの11倍にもなるという。

 現在では携帯電話の使用年数がたったの18カ月、ノートPCの使用年数もたった2年程度しかないという観点から見た場合、この急激な伸び率はさほど驚くほどではない。しかし、一般の人々の間では電子機器廃棄物に関する知識や、電子機器の正しい廃棄方法に関する知識が非常に乏しいというのは驚くに値する。以下では電子機器廃棄物のライフサイクルに関するあれこれを10項目、解説する。

#1:電子機器廃棄物とはどういったものか

 電子機器廃棄物とは、バッテリや電気回路、電子回路を搭載している電気製品や電子機器の廃棄物すべての総称であり、携帯電話やテレビ、コンピュータ、プリンタのほか、ステレオシステムのようなエンターテインメント機器や冷蔵庫、洗濯機、衣類乾燥機が含まれる。

#2:電子機器廃棄物の行方

 電子機器廃棄物ビジネスは世界的な規模のビジネスである。電子機器廃棄物のおよそ70〜80%は発展途上国のごみ集積場へと送られ、そこで分別された後、金属くずとして販売されたり、素材を回収するために焼却されたりしている。その結果、周辺環境やそこに住む人々に害が及んでいる。また米国では、電子機器廃棄物を刑務所に送り、規則の緩い環境下で処理している。

 米国は2012年に900万トン以上の電子機器廃棄物を生み出した。これは2005年の200万トンと比べると大幅な増加だ。ちなみに、米環境保護庁(EPA)によると、2009年に1億4100万台の携帯機器が使用済み製品管理の対象となったが、その重量は電子機器廃棄物全体の1%未満にとどまっている。なお、米国が生み出した電子機器廃棄物のうちリサイクルされたものはたった25%しかない。残りの75%は米国や海外のごみ集積場へ送られていた。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

連載

CIO
IT部門の苦悩
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算