編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

意外な所で活躍するユニークなロボット10選--ミツバチロボからヒッチハイクロボまで

Lyndsey Gilpin (TechRepublic) 翻訳校正: 川村インターナショナル

2014-09-06 08:00

RoboBees

 ミツバチは、「蜂群崩壊症候群」(CCD)という不可解な現象によって、前例のないスピードで死んでいる。このCCDは通常、農薬や病気、寄生生物が原因とされている。ハーバード大学は、この問題を解決するために「RoboBees」を考案した。このミツバチサイズの小型ロボットは、重さが0.1g以下で、電源につながれた状態であれば、地面から飛び立って、ホバリングすることができる。同大学の研究者たちは、ミツバチがしているように、このロボットに互いに「会話」させたり、花粉を運ぶようにさせるために研究を行っている。研究者たちは、10年から15年以内に実用化できると考えている。

RoboBees

 ミツバチは、「蜂群崩壊症候群」(CCD)という不可解な現象によって、前例のないスピードで死んでいる。このCCDは通常、農薬や病気、寄生生物が原因とされている。ハーバード大学は、この問題を解決するために「RoboBees」を考案した。このミツバチサイズの小型ロボットは、重さが0.1g以下で、電源につながれた状態であれば、地面から飛び立って、ホバリングすることができる。同大学の研究者たちは、ミツバチがしているように、このロボットに互いに「会話」させたり、花粉を運ぶようにさせるために研究を行っている。研究者たちは、10年から15年以内に実用化できると考えている。

提供:Harvard University

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]