殺人ロボットは「ロボット工学三原則」の夢を見るか?(後編)

Steve Ranger (TechRepublic) 翻訳校正: 村上雅章 野崎裕子 2014年01月30日 07時30分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 (編集部注:TechRepublicの記事を前編と後編の2回に分けて翻訳して公開します。前編は1月24日に公開されています

人型ロボットが従うべき規則

 ロボットに殺人を許すかどうかという議論は、特に殺人ロボットが存在しない現状において、少し難解かつ曖昧なものに感じられるかもしれない。ロボット(と人工知能)の社会に占める役割がかつてないほど大きくなっているため、われわれは、どこまでが許され、どこからが許されないのかという境界線を見出そうとしているところなのである。

 われわれが今までに行ってきているのは、米国防総省(DoD)の自律型兵器システムに関するポリシーに代表されるような、特定の状況における規則を決定するということだ。また、ロボット兵器ほどのインパクトのある話ではないが、米国の一部の州では最近、自動運転技術を搭載した自動車の公道走行を許す法律が制定されるようになってきている。こういった特定状況下における自律型ロボットの規則が少しずつ作成されるようになってきているものの、より大きな観点に立って議論されることはほとんどない。

 しかし、AIやロボットを支配する一連の規則、すなわち道徳的な枠組みを定めようとする試みもある。ロボットに対して作成された規則で、現在と過去を通じて最も有名なものは、アイザック・アシモフによって1942年に初めて定義された(もっともこれはフィクションの世界の話であるが)、ロボットの振る舞うべき道徳的枠組みを記した「ロボット工学三原則」である。

 アシモフのロボット工学三原則とは以下のようなものだ。

  1. ロボットは人間に危害を及ぼしてはならず、また人間に危害が及ぶのを見過ごしてはならない。
  2. ロボットは人間によって与えられた命令に従わなければならないが、そういった命令が第1の原則に抵触する場合はその限りではない。
  3. ロボットは第1の原則や第2の原則に抵触する場合を除き、自らの存在を保護しなければならない。

アシモフのロボット工学三原則
提供:raidz3ro.com

 ロボット工学やAIはこういった原則やその他の洗練された規則を理解したり、順守できるだけの能力を持ったロボットを構築できるレベルにまだ達していない。そしてロボット掃除機は、この種の道徳的複雑さを備えている必要などない。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

連載

CIO
IT部門の苦悩
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算