日本オラクル、「Oracle Service Cloud」にLINEビジネスコネクトを連携

NO BUDGET

2014-12-16 10:43

 日本オラクルは12月15日、クロスチャネルでカスタマーサポートを支援するクラウドアプリケーション「Oracle Service Cloud」と、LINEが提供する「LINE ビジネスコネクト」の連携を発表した。

 この連携によるサービスはトランスコスモスが開発し、「オムニチャネルサポート Powered by LINE ビジネスコネクト」として提供する。この連携により、LINEのユーザーが問い合わせ先となる企業アカウントと「友だち」となり、そのLINEトーク上から問い合わせができるようになる。当サービスは、既にOracle Service Cloudを導入しているユーザーも利用可能。

 トランスコスモスでは、7月に発表したスマートフォンを活用した「オムニチャネルサポートサービス」でOracle Service Cloudを活用している。利用者がスマートフォンからウェブサイトのFAQページにアクセスでき、そこで解決しない場合は、画面に表示されるボタンをタップするだけで、直接トランスコスモスのコンタクトセンターに問い合わせできる。

 今回新たに、顧客問い合わせチャネルの1つとしてLINEを追加した。

 LINE ビジネスコネクトは、公式アカウントの各種機能を企業向けにAPIを提供し、各企業がカスタマイズして活用できるサービス。今回、LINE ビジネスコネクトの活用により、カスタマーサポート業務においても、従来の企業公式アカウントのようなLINEユーザーへの一方通行のメッセージ配信だけでなく、特定のユーザーに対してより最適化されたメッセージを送り分けることができるようになる。

 その結果、日常的にLINEを利用しているユーザーに問い合わせしやすい環境を提供できると同時に、コンタクトチャネルの分散化によるコンタクトセンターへの入電数を軽減できる。LINE ビジネスコネクトは、ユーザーの同意のもと、企業の持つ既存のデータベースや自社システムとLINEアカウントを連携させることで、メッセージ配信ツールだけでなく、顧客管理ツールや、業務ソリューションツールとしての利用も可能となる。

 なお、LINE ビジネスコネクトにおいては、LINEアカウントにひも付いた各企業の顧客データをLINEが保持することはないとしている。


LINEビジネスコネクトの仕組み(LINE提供)

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    【マンガ解説】まだ間に合う、失敗しない「電子帳簿保存法」「インボイス制度」への対応方法

  2. セキュリティ

    企業のDX推進を支えるセキュリティ・ゼロトラスト移行への現実解「ゼロトラスト・エッジ」戦略とは

  3. 経営

    2023年データとテクノロジーはどう変わるか 分析プラットフォームベンダーが明かす予測と企業戦略

  4. セキュリティ

    リモートワークで浮き彫りとなった「従来型VPN」、課題解決とゼロトラスト移行を実現する最適解

  5. セキュリティ

    第2世代EDRはココが違う 「自動化」でエンドポイントセキュリティの運用負荷・コストを削減

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]